転職エージェントと人材派遣の違い


転職エージェント(人材紹介会社とも言われます)や、人材派遣という言葉は、就職や転職を考える上で良く耳にするかと思います。あなたのキャリアを活かすためにはどちらが最適なのか、まず2つのサービスをきちんと理解しその違いを確認してみましょう。

人材派遣の仕組み

仮にあなたが人材派遣会社に登録し、派遣社員としてA社で働いているとしましょう。さて、あなたの雇用主はどこになるのでしょうか?

その答えは「人材派遣会社」ということになります。

あなたとA社の関係は業務に関する指示系統のみで、お給料や保険など待遇面に関しての交渉は人材派遣会社と行うことになります。つまり人材派遣会社は自社の優秀な人材を企業にレンタルすることで派遣先企業から報酬をもらい、その中からスタッフにお給料を支払うという仕組みになっています。実際に働く会社である「派遣先」と雇用契約を結び給与が支払われる「派遣会社」2つの会社が関わる働き方が人材派遣です。

働き方のスタイルは企業と契約期間(半年や1年など)を定め、時給で働くことになります。不安定な働き方に感じるかもしれませんが、

  • いろいろな会社で経験を積みたい
  • 一度どんな業界なのか経験してみたい
  • フリーランスで仕事をしているが空いた時間を有効活用したい
  • 子どもがいるので、残業はできない

など、新卒やキャリアチェンジで一度経験を積んでみたい場合や、時間に融通を効かせたい方にはとても良いサービスかと思います。

転職エージェントの仕組み

では転職エージェントの場合はどうなのでしょうか。あなたが転職エージェントを通じてA社で働くことになったとしましょう。さて、この場合あなたの雇用主はどこになるのでしょうか?

その答えは「A社」ということになります。

転職エージェントは、求職者と企業側の「マッチング」をサポートしてくれる会社です。 つまり「民間のハローワーク」と言えば分かりやすいかもしれません。 「じゃあ、ハローワークで良いのでは?」と思われるかもしれませんが、転職エージェントにはハローワークには無い強みがあります。

転職エージェントは、求人の掲載料やマッチングが成立した際の紹介料で運営されています。そのため無料で登録することができ、さらにあなたの転職活動をキャリアコンサルタントという専門知識を持ったスタッフが全力でサポートしてくれます。

そして次に 一般には公開されない「非公開求人」の多さです。求人を非公開にする理由は、

  • 企業が応募の殺到を避けたい
  • 求人を掲載し、求職者が直接応募した場合は報酬が出ない

など様々な理由により、良い条件の求人ほど一般公開されない傾向にあります。

転職エージェントは誰でもが応募できない、とっておきの求人情報を持っているのです。 しかし、その求人を紹介してもらえるか否かは求職者のキャリアやスキルにもよりますので、転職希望先と同じくキャリアコンサルタントに対してもきちんと自己PRをし、真摯に接することが大切になります。

留学経験者にはどちらが良いの?

正社員を希望されない場合は「派遣会社」になりますが、留学経験を活かして正社員を目指される場合は「転職エージェント」が最適でしょう。英語力を活かして働く、外資系、海外勤務などに特化した転職エージェントもたくさんあります。

もちろん、自力で良い求人を探しながら1人で転職活動されるのも大切な経験かと思います。 しかし、様々な面からアドバイスをもらいながら、一緒に活動をサポートしてくれる転職エージェントのキャリアコンサルタントは、転職活動において非常に心強い存在かと思います。

転職活動も一つの形に縛られず、「自力で探す」「ハローワークを利用する」「転職エージェント」を利用するなど、様々な面から動いてみることで良い求人に出会う機会が増えるのではないでしょうか。

就職・転職・再就職 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索