派遣社員として働くーメリット・デメリットは?


転職活動や再就職探しでは、正社員で働くという選択肢だけでなく様々な働き方があります。

派遣社員で働くという選択もそのひとつです。 最初から派遣社員として働く希望の方もいらっしゃいますし、正社員で決まるまでの間に一度派遣社員として働くという方もいらっしゃるでしょう。

「派遣」という働き方は聞いたことがあっても、初めてという方、実際どんな仕組みなのかわからない方もいらっしゃいます。人材派遣のしくみや、派遣で働くメリット・デメリットは何か考えてみましょう。

人材派遣のしくみ

正社員やパートとの大きな違いは「雇用契約を結ぶ会社」(派遣会社)と「実際に働く会社」(派遣先)が違うということです。

「労働者派遣法」によって人材派遣については定められており、派遣が可能な業務や期間などが決められています。

正社員のような“直接雇用”の場合は、雇用主と被雇用者との間で雇用契約を結び、給与も雇用主から直接支払われますね。派遣スタッフの場合は「派遣会社」と雇用契約を結び、「派遣会社」から給与が支払われます。そして実際に働く会社が「派遣先」となります。「派遣会社」と「派遣先」の2つの会社が関わる働き方が人材派遣です。

派遣社員として働くまでの流れ (一般的な流れです)

1.まずは、派遣会社へ登録をします。

無料登録会を随時開催していますので、都合のいい日程に予約をして派遣会社へ行きます。 ネットで事前登録ができる派遣会社も多いです。

まずは、自分のプロフィール・職歴・資格の有無・希望職種・条件等を登録します。

2.スキルチェック

多くの派遣会社でスキルチェックを行っています。 書類上の資格や経験の確認だけでなく、実際にチェックをします。 パソコンのソフトでどこまでできるかの確認、タイピングの速度チェック・語学力がある場合のチェック等を行います。

3.派遣会社のキャリアカウンセラーと面談

これまでの経歴や資格・スキルの確認、今後の仕事に対しての希望職種や希望条件等の確認を行います。

4.お仕事紹介

タイミングによって、登録即日にお仕事の紹介がある場合もあります。または後日、お電話やメールなどでお仕事のご紹介があります。

お仕事決定後、雇用契約を結びお仕事先(派遣先)で勤務開始となります。

派遣で働くメリット

  • これまでのキャリアを活かすなど自分に合った働き方ができる

これまでの経験が次回の派遣先で活かせる仕事や、希望を伝えて自分自身に合った仕事に就くことができます。例えば「英語力を活かし、英語を使った仕事がしたい!」「接客業を希望したい」など希望を伝えることができます。

  • 働き方が選べる

例えば、「残業なし」「土日は必ず休日」あるいは「平日が休日のお仕事」「週に3日間の勤務」などライフワークに合わせた働き方を希望し、希望に沿った仕事を紹介してもらうことができます。

  • 様々な企業で働ける

大手企業や外資系企業など、色々な企業で働くことができるのも派遣社員だからこそです。 憧れの企業で働くチャンスも。また未経験OKの職場で、新しい分野にチャレンジし、経験を積むことでもできます。色々な環境や仕事でスキルアップができるのも派遣の魅力のひとつです。

  • 時給が高い

一般的なアルバイトより時給が高く設定されています。

  • 派遣会社に相談ができる

就業先での仕事の疑問や心配ごと、悩むことなどがあれば派遣会社の担当者に相談し、フォローしてもらうことができます。

派遣で働くデメリット

  • 雇用が不安定(契約期間がある)

一般的に派遣で働く際には「契約期間」が設定れています。双方が了承すれば引き続き更新となりますが、派遣先の業績の変動や組織変更などにより、契約期間を更新しない場合もあります。

  • 収入が安定しない

派遣ではほとんどのお仕事が時給制です。そのため、休日や連休が多い月の場合は、当然収入が下がります。毎月固定の給与ではないことを前提に、計画的な生活設計をしなければなりません。

  • 交通費やボーナスが支給されないことが多い

一般的なアルバイトなどよりも時給は高額ですが、交通費や賞与は出ないことが多いのでそれらを考慮した生活設計が必要です。


自分に合った仕事さがしの方法を

派遣会社といってもたくさんの派遣会社があります。大手企業の案件が多い、技術系が豊富、系列の会社からの仕事が多い、外資系企業や英語を使った仕事が多い、きめ細かいサポートをしてくれるなど派遣会社の特徴をつかみましょう。また、登録したからといってすぐに仕事が決まるわけではありません。複数の派遣会社に登録する方も多いです。一度相談してみて自分に合った派遣会社で登録してみてはいかがでしょうか。

転職活動、再就職探しでは派遣会社に登録し、派遣社員として働くという選択肢もあります。但し、人気の企業や仕事は、応募者もそれだけ多くなります。その場合も資格や経験がとても大切になります。

派遣社員として働くことによって十分にスキルアップや経験を得ることもできますので、情報収集しメリット・デメリットを考慮しながら自分自身に合わせた働き方を選択しましょう。

法改正による「無期労働契約への転換」(2018年問題)

2013年4月に施行されました労働契約に関する法律「労働契約法」が改正され、いよいよ2018年4月に影響が出てきます。これまでは、派遣や契約社員などは期間を設けた契約で更新の有無の確認を行ってきました。しかし、この法改正により、下記の通り契約期間について新しいルールが導入されました。

無期転換ルール・・・・同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合、有期契約労働者は無期労働契約への転換を申し込むことができるというものです。

有期契約労働者とは、契約社員、アルバイト、パート社員のことです。派遣社員については、「派遣社員として勤務されている方も、有期労働契約を結んでいれば無期転換の対象となる」ので実質対象となります。

有期契約期間は、2013年4月1日以降に開始した有期労働契約からが対象となります。

無期雇用=正社員雇用というわけではありません。あくまでこれまでの有期契約が無期契約になるということです。

2013年4月に施行された法律が実際に5年が経過する2018年4月に使用者(企業)、労働者ともに大きな転換の年となりさまざまな問題も考えられ、2018年問題とともいわれています。企業はこの改正によりさまざまな対応に追われている状況でもあります。

長く同じ派遣会社の派遣社員として働いている方、これから派遣に登録される方は、派遣先ではなく派遣元である派遣会社と直接どのような契約になるか確認してみる必要があります。

また、労働者にとってこのルールは良いことばかりではなく5年を前に「雇止め」が多く発生すると言われていますし、実際にその問題が起こっているようです。今後、派遣で働く場合、パートや契約社員など有期雇用の場合など念頭に置きながら契約先とこの期間についても確認する必要があります。また、自分自身の生活設計もしっかりと見直す必要もあります。

●参照サイト…厚生労働省「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」http://muki.mhlw.go.jp/ 

就職・転職・再就職 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサードリンク