キャリアコンサルタントとの面談

面談時の服装

転職エージェントへ申込みをし、キャリアコンサルタントとの面談時の服装に悩む方も多いと思います。

スーツで面接に臨む方が多いようですが、私服でどうぞと言われている場合は私服で行ってもかまいません。 しかし、普段からスーツを着用しているような固めの業種を希望する場合は、キャリアコンサルタントの心象を考慮してスーツで行くのが無難です。

普段着でお越しくださいと言われた場合でもTシャツ・ジーンズ・サンダルなどラフすぎる物や色柄が派手すぎる服装は避け、清潔感のある服装を心がけましょう。この場合の「私服・普段着」とは「オフィスカジュアル」になります。襟付きのシャツや細身の綿パンツなど、きちんと感のあるアイテムを取り入れることが重要です。

転職エージェントを利用する時、キャリアコンサルタントは、面談時に初めて転職希望者に会うので、第一印象は非常に重要ですね。この時の第一印象で転職プランやサポートに差が出ることもあります。企業との面接にも常識ある態度で臨める真面目な人だと思われた方が、当然後の転職活動に有利です。

迷って服装が決められない時や、オフィスカジュアルに相当する私服を所持していないケースなどは、私服OKの面談でもにスーツで行く方が良いと思います。その場合、よれよれで埃が付いている様なリクルートスーツでは好印象は持ってもらえないので、非常識な印象を与えないように清潔感のある身だしなみを整えましょう。

面談時の持ち物

面談時の持ち物・準備については、転職エージェント(人材紹介会社)から特に説明がないこともあります。何も指示がなくても筆記用具・履歴書・職務経歴書を持参すると安心です。

更に可能であれば、履歴書・職務経歴書については事前にメールで送付しておくとよりスムーズに充実した面談が行えるので確認してみましょう。

キャリアコンサルタントへのPR

面談は、履歴書等だけでは伝えきれない自分の魅力をアピールする場でもあります。キャリアコンサルタントは求職者のキャリアやスキルだけではなく、人間性も見ています。仕事に対する考え方や将来のビジョンなど、話す内容を的確かつ簡潔な内容にまとめておく必要があります。

「じっくり考えてみたけれど、転職の目的や今後の方向性についてうまく考えがまとまらない」という方もいると思います。そんな時こそ面談の場を利用しましょう。面談で正直な気持ちを話し、考えを整理するためのアドバイスをもらう事ができます。

キャリアコンサルタントの仕事は、転職先を探し出す事だけではありません。転職活動をサポートするパートナーであり、相談相手でもあります。転職エージェントのキャリアコンサルタントとの相性も大切なので、複数の転職エージェントに登録し、様々なキャリアコンサルタントと会い、信頼できる方を見極める事も重要になります。

就職・転職・再就職 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート