転職を考えた時にまずすべきこと。

check

転職は決して容易でありません。
給与や福利厚生など現在の仕事に不満があって退職する場合、または他の仕事に興味を持った、家庭の事情・・・など転職理由はさまざま。現在の環境よりも少しでも良い転職になれるよう転職活動を成功させるにはどうしたらいいでしょうか。

安易な転職は、後悔することも。

どんな仕事をしていても、長く続けていれば一度くらいは会社を辞めることを考えたことがあるかもしれません。ただ安易な転職は、実際に転職したものの意外と前の職場って恵まれてたんだな・・・なんて思って後悔してしまうことも。そうならないためにも、きちんとリサーチ・整理した上で転職活動に臨みましよう!

まず整理するポイント

1.どうして転職したいのかもう一度考えてみる

転職は、それぞれ理由があり事情がある場合もあると思います。まずはしっかりと「なぜ」転職したいのかを考えてみましょう。「現在の会社では叶わないことがある、または給与や勤務条件を変えたい、他にやりたいことがある、結婚・出産などの環境の変化により雇用形態や勤務時間の変更などを検討している」など理由はさまざまだと思います。転職する際に、退職理由も問われることが多いので、そのためにも転職する理由についてもしっかりと整理しておきましょう。

2.現在の勤務内容の整理と次の転職先への希望条件の整理

業種、勤務地、給与、福利厚生、など現在の職場の勤務状態と、転職後の希望内容の整理をします。

全てが希望通りに叶うことは難しいと思うので、優先順位を決めることも大切です。また、「どうしてもこれだけは妥協できない」という点も決めておきましょう。整理することで、現在の職場の良いところも再認識できることがあるかもしれません。冷静に比較してみることも大切です。


3.現在の仕事の整理

現在、自身が担当している仕事の内容を整理して、引き継ぎしやすい状況を作りましょう。辞めた後のことを考えて整理してみてください。引き継ぎの書類を作成しておくと後任者にスムーズに引き継ぎできます。

4.退職の意思をいつ伝えるかを決める

次の仕事が決定してからか、または退職してから転職活動する場合も会社の規定に従った上で、なるべく早めに退職を申し出ましょう。
多くの会社は、「1か月前」と定めているようです。ただ、早ければ早いほど会社も準備ができます。法律上で問題がなくとも、突然の退職は会社や他の社員に迷惑をかけます。それは今後の自分のためにもなりません。 責任を果たしてから退職することも転職のマナーといえます。

全て自分の希望通りの職場はない

「仕事内容は自分に合っているけれど、勤務地が遠い」

「給与は良いが、仕事で求められるレベルも高い」

「人間関係は非常に良いが、仕事内容は希望通りではない」

転職サイトや求人情報をみても、完璧に希望の条件に当てはまる求人はなかなか少ないのではないのでしょうか。そして、条件以外の職場の環境や雰囲気は実際に入社してみないとわからないこともたくさんあります。

ひとつひとつは、自分のマインド次第のこともあります。どうしてもバランスが崩れた時、どうしても他にやりたいことができた時、転職を考える時なのかもしれません。これからは選択肢の多い世の中でもあります。また、現在の職場があまりに激務であったり、残業代も出ないのに残業を強いられたりするなど明らかにこれはおかしいと思うことは、我慢しすぎずに周りの人に相談するなどしてみましょう。

「転職をする」と決定した場合、転職の方法は、転職サイトを活用、ハローワークに紹介してもらう、転職エージェントへ登録する、派遣会社へ登録して派遣社員から正社員になる、などさまざまな方法があります。自分に合った方法を活用し、プロの転職カウンセラーなどに相談してみてもいいかと思います。転職をプラスに変えられるよう、決して一時的な感情だけで動くのではなく、まずはきちんと整理してみることから始めてみてはどうでしょうか。

就職・転職・再就職 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート