【転職活動】同業他社への転職前に確認すべきこと

tensyoku_151129

転職したい!

そう考える理由は人それぞれでしょう。理由の中には、

  • 今のスキルを活かして独立したい。
  • ライバル会社から高待遇でヘッドハンティングされた。

という場合などがあります。
その様な時に気をつけなければならないのが「競業避止義務」です。

競業避止義務(きょうぎょうひしぎむ)とは、一定の者が、自己または第三者のために、その地位を私的に利用して、営業者の営業と競争的な性質の取引をしてはならない義務である。
Wikipediaより

簡単に言えば「従業員は使用者(経営者)の不利益になる行為を行ってはいけない」ということです。これらの理由から、在職中に兼業を禁止している会社は非常に多いですが、退職後に関しても競業避止義務が有効であることを定めている場合があります。

「競業避止義務」に違反するとどうなるの?

もしこのことに気づかずにライバル会社に転職し、その結果以前の勤務先に不利益をもたらせてしまった場合、「退職金の減額・返還」「損害賠償」などのペナルティーが課せられる場合があります。競合する会社を設立して営業している場合は、営業行為の停止を求められることもあります。

しかし憲法上、人には職業選択の自由が保障されています。
実際在職中はともかく、退職後に競業行為を避ける義務は負わないのが普通といえます。事前に退職後に競業行為をしないことを内容とする誓約書かわすなど、競業避止義務について合意をしていない場合、競業避止義務を理由に法的措置を求められることはありませんが、「内定をもらった時にいくつか書類にサインをさせられた」など記憶があいまいな方もいるのではないでしょうか?

就業規則の中に記載されていることも多いので一度隅々まで目を通してみましょう。
異業種に転職される場合も将来同じ業界に戻ってこないとも限りませんので、転職のタイミングでクリアにしておきましょう。「誓約書を書かないと退職させない」などと圧力をかけられた場合はサインをせずに弁護士などに相談することをオススメします。

では同業他社に転職するときの注意点は?

しかし転職を考える場合は「現在のキャリアを活かしたい」と考えるのが普通です。
もしあなたが「競業避止義務」を課せられている場合、最善の策はやはり「円満退社」することになります。 会社とモメて辞めてしまった場合、退職後にも争うことになるリスクが非常に増します。
転職を決めた場合はきちんと自分の気持ちや再就職先について会社と話し合うことで、退職後に今より良い関係を築ける場合もあります。
新天地では後ろめたい気持ちを持たず、ノビノビと働きたいものですね。

就職・転職・再就職 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索