面接はコミュニケーションの場

書類ではなく、あなたを見ています

面接では、あらゆる質問を通じてこれまでの応募書類だけではわからない点を確認してます。 さまざまな質問を通じ、企業が結局知りたいことは 「この方は仕事をきちんとしてくれるか」「職場の雰囲気に合っているか」の2点です。

これまでの経験が立派でも、職場の雰囲気に合っていない判断をされる場合もあります。 これは会わないとわからないので、やはり面接という作業で確認します。 質問の中にはその質問自体にはたいして意味がない場合も実はあります。書類上の経歴やプロフィールからではわからない「人」を見ています。

見る側の気持ちを持って

しかし面接は、「企業側があなたを見ている場所」というだけではありません。
あなた自身も企業を見る場でもあります。質問に対して模範解答を答えているだけではダメなんですね。
あなた自身が、誰かのことを知りたいと思う時を想像してください。それは恋愛でも、仕事でも友人でもいいです。まずは話をし、そのリアクション、言葉遣い、何が好きなのか、どんな人なのかを知りたくて聞きますよね。一方的に質問をして、それに対して答えるだけでは少しさみしいですね。相手も質問してくれると、自分に興味を持ってくれている…そんな気がして嬉しくなります。一方的に興味のない話をされてもつまらないですし、あまりに考え方が違うと話すのにストレスも感じてきませんか。何気ない話題から共通点を生み出し、思いがけない方向へ話が膨らみ盛り上がることもありますね。
一方的ではなくお互いに話を聞き、知ろうとする・・・これがコミュニケーションです。
企業と応募者のミスマッチを防ぐためにもこの「面接」ではあたな自身も企業を知るチャンスです。

面接もコミュニケーションの場

聞かれて、「Yes」「No」を答えているだけではコミュニケーションとは言えません。企業はあなたを知りたい、「きちんと仕事をしてくれるか」「職場の環境に適応してくれるか」これらを見ています。
またあなたも企業を知りたいと思う気持ちが大切です。そうすると面接までにその企業のことをしっかり調べておくべきなのは言うまでもありませんね。就業条件はもちろん大切ですが、その企業の商品やサービスを深く知らないまま、一方的に休日や条件のことばかり聞かれても面接官はうんざりします。
そう、面接はコミュニケーションの場。そう思うと面接前にするべきことは必然と見えてくるはずです。

就職・転職・再就職 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート