学生時代に頑張ったことーエントリーシート

campus003

エントリーシートで聞かれる定番の質問に「学生時代に頑張ったこと」があります。これは主に応募者の「人柄」を知るための質問です。企業側はこの質問を通して応募者はどんな人なのかということを知りたいと思っているので、事実だけではなく自分の考えを入れてしっかりアピールしましょう。ちなみに、この場合の「学生」とは大学(もしくは高卒の方は高校)を差します。

採用担当者は膨大な量のエントリーシートに目を通しています。限られた文字数で目に留まる文章を書くにはコツが必要です。

基本的な書き方についてまとめてみましたので、参考にして下さい。

書き方のポイント5つ

1・まずは「結論」から

「学生時代に頑張ったことは何か?」と質問されているので、何に取り組みどう頑張ったのかを簡潔に結論を書きましょう。具体的な数字等を入れると分かりやすく、説得力も増します。

2・文字数に余裕があれば「動機」を書く

なぜそれに取り組むことにしたのか、体験したエピソードなどを交えて書きます。同じ出来事であっても、動機や体験エピソードについてはそれぞれが違うはずです。ここは人柄を伝えるポイントにもなります。

3・必ず「目標・理想」を書く

何を具体的な目標として頑張っていたのかを書くことで、この後に続く取り組みが妥当なものであると証明できます。ここでは「人に言われて○○することになった」という受動的な内容ではなく、自ら掲げた目標を書きましょう。

4・一番重要とも言える「取り組み」

掲げた目標を達成するために、どのように考えてどのように取り組んだのかを具体的に書きます。数多くの取り組みを行って目標を達成した場合もあると思います。その場合でも、具体的に「取り組み」として説明するエピソードはどれか一つにした方が理解してもらいやすくなります。苦労した点、工夫して乗り越えたエピソードなどを入れて詳しく伝えます。

5・まとめは「成果」

上記の取り組みの結果、何を学びどのような成果を得られたのかを書きます。採用担当者があなたが頑張った分野について詳しくない可能性もありますので「何と比べてどのようにすごい成果なのか」「まわりからの評価」などを交えて理解してもらいやすいように書き方を工夫しましょう。学んだことについては単に「○○だと気付くことができた」などと書くのではなく、今後社会生活においてどのように活かしていけるのかを書くとよいでしょう。

継続したことについて書く

どんな出来事でもそうですが、1回・2回だけの単発の活動ではなく、できるだけ長期的・継続したことを書きます。

たとえば、留学の場合、短期留学であればその事実だけでは特別ポイントになりません。 短期の場合は、先に述べた5つのポイントを整理し、そこで知り学んだことを日本に帰ってからも引き続き研究し、最終的にこれだけの成果を出したと結びつけると良いですね。
継続してひとつのことができているということは、採用する側にとって選考のポイントにもなります。

学生の皆さんは、現在さまざまな面で思うように結果が出ず、将来に対して悩み、迷うこともあるかと思います。
少子化故に選択肢も多く、求められることも多い時代です。漠然とした不安が尽きないかもしれません。 目先の成果のみにとらわれず、現在コツコツと行っていることは決して無駄にはなりません。就活、1年後、そして社会に出てからの自分自身を作ることになります。

たとえ現在なかなかうまくいかないことが続いている状況であっても、それはきっと意味のあることだと信じてください。そのことがあったからこそ、先の素晴らしいことに繋がっているということがあります。

小手先の就活テクニックではなく、長期的視点で考えられるといいですね。 そうすると、エントリーシートもあなたの価値観や人柄があらわれた文章になっていると思います。

就職・転職・再就職 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサードリンク