携帯ショップスタッフ

採用基準や採用の際に評価されたポイント

私は、子供むけの英会話スクールに勤務したかったのですが、受けるだけの資格は持っていても、大学卒業必須という壁にぶつかりました。

最近では、短期大学でも実習を受け、カリキュラムをこなせば、資格は獲得でき、勉強してきたことはそう変わらないはずです。しかし、採用条件には、四年制大学卒業見込み、新卒者のみが非常に多く、短期大学者にとって、教育関係で探すことは困難でした。
見つかったとしても、パートタイマーやアルバイト、契約社員といった雇用になり、正社員の採用枠はほとんど設けられていませんでした。

高校の時に、短い期間で資格を取得できることに魅力を感じてその短期大学へ通ったのですが、まさか就職の際に四年制大学必須となるとは思ってもいませんでした。
二年の学習期間の差を感じました。

仕事内容(理想と現実のギャップ)

私の理想は、目標にしていた恩師のように大好きな英語と子供とともに笑いあいながら勉強する日々でした。
そのために、中学、高校と必死に英語を勉強し、短期大学では資格取得に打ち込みました。
しかし、現実は四年制大学卒業が必須だと面接は門前払いだし、見つかってもアルバイトやパートタイマーとしての勤務しかありませんでした。さすがに短期大学まで通わせてくれた親に申し訳なく、やりたい仕事とはいえ、違う仕事での正社員雇用を選びました。

英会話を主にするわけではないのですが、海外の方がよく日本にきて一番初めに困るとよく聞く携帯電話の対応での英会話活用を決め、携帯ショップに就職しました。
実際、まだ少ししか日本語がわからない方が多く来店され、カスタマーサービスに連絡すれば通訳はしてもらえますが、店頭での対応が私ならできるのでお役に立てているかなと思っています。

英語が出来ることで享受出来たメリット

全世界で、日本語は日本でしか使われていない言葉です。
英語が話せる、理解できるだけで手にすることができる情報は何倍にも膨れ上がります。日本語だけでも山ほどあるように感じていますが、英語を理解するだけで、インターネット上の情報の55パーセントが手に入ることになります。この情報がすごく大切になってきている世の中で、英語を理解できないということはかなり致命的なことだと私は考えています。

最近は翻訳アプリなども出てきているのでそれほど深刻なことではないのかもしれませんが、日本でオリンピックの開催も決まったことですし、これからどんどん英語は必要になってくると思います。すらすらと話せなくても理解できるようになるだけでもいいと思っています。

学生を卒業したからと勉強することを辞めず、どんどん知識をこれからも伸ばしていきたいと考えています。

英語を活かす仕事 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索