子ども英会話塾講師


採用基準や採用の際に評価されたポイント

私は、子供英会話塾に転職することになったのですが、最初は、予備校の講師をしていました。そこでは、高校英語を教えていたために、英語には少し自信があったのです。

採用基準として挙げられたのは、とにかく英語が好きということでした。
資格的な意味合いですと、英検が2級以上でTOEICを最低でも600点以上とっていることを条件としていましたが、どちらもクリアしていたので特に障害にはなりませんでした。

採用の際に評価されたポイントとしては、転職前に予備校講師をしていた点と、大学で英語学科を専攻していたことでした。また、TOEICで820点を取っていたことも評価されたのですが、子供英会話ということもあってあまり評価の対象ではなく、英語ができるということを証明しただけでした。

仕事内容(理想と現実のギャップ)

子供英会話塾ということもあって、私はかなり多くの教材を使用しており、子供が楽しんで英語を学ぶことができる環境が整っているのが理想であり、子供とのコミュニケーションも簡単に取ることができて、アットホームな塾というのが理想でした。

しかし、現実はあまり教材を使用することなく、英会話を中心に行っていくために、どちらかというと講師と先生が英会話をするという指導の方が多かったです。また、将来的にも役に立つような英会話を教えているということもあって、アットホームな環境というよりかは、厳しめでした。

ですが、子供たちからは、幾多となく英語を積極的に学ぼうとする姿勢を見ることができたために、私が想像していた理想とは違って、はるかに素晴らしい体験ができたと感じた瞬間でした。

英語が出来ることで享受出来たメリット

子供英会話塾で働いてみてまず思ったのが、いくら英語を指導していた立場であっても、自分の英語がまだまだ未熟だということでした。子供英会話という非常に基本的なものでしたが、発音さえもできなかったですし、基本的なコミュニケーションすらもままならない状況でした。

ここで、痛感したのは高校英語がいかに日常生活で使用することができないかということです。返ってこれは、私にとってメリットとなりました。
今までは、自分は英語が達者で、海外に行ってもなんとかやることができると自信に満ち溢れていたのですが、子供に英語の発音がおかしいことを指摘されてしまうと、まだまだ未熟だと思いました。

自分の英語を見直す機会にもなったために、英語が出来るからこそ享受できたメリットだと思いました。

英語を活かす仕事 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索