家庭教師


期間、時期

2014年3月~現在もしています。

採用基準や採用の際に評価されたポイント

評価されたポイントは発音のアクセントが正しい位置についているか、正しい意味を説明できるかどうかでした。さらには正しい文法の使い方ができているかどうかというところも見られました。
子どもたちに英語を教えるという仕事なので正しい意味が説明できるかなども面接で聞かれることにより評価されました。意味などが理解できているのと他の人に教えるのでは少し違うのでそこをきちんとできるかどうかも見られました。さらには他の人と接する仕事なので人見知りをしないかどうか、明るい性格かどうか、幼い子供は好きかどうかという基準もありました。
あと、英語を学習する際にどのような勉強方法をとっていたかという質問をされた時に教科書を暗記できるほど読み込んで文法をしっかりと覚えることができるように努力しましたと回答しました。そのようなところも評価されたポイントです。

仕事内容(理想と現実のギャップ)

私の中での家庭教師の理想とは教えると次のテストで良い点数を取って見せてくれるというものでした。
ですが、現実は全く違っていました。1人1人にあった勉強方法を提示しなければいけませんでしたし、課題を出してもきちんとしてくれない人もいたのでなかなか先に進めなかったりしてとても苦労しました。無理矢理覚えることが得意な人もいればコツコツと単語帳で書いて覚える人もいました。
なので、その人にあった勉強方法を提示しないといつまでたっても点数が伸びないとか、ミスが多くなってしまうといった問題が起こりました。理想とは全くかけ離れたスタートでしたが日にちを重ねていくたびにだんだんと1人1人に合った勉強方法を見出すことができるようになりました。生徒の皆さんもだんだんわかっていくにつれて、点数が伸びるにつれて楽しいと言ってくれるようになりました。

英語が出来ることで享受出来たメリット

英語ができることによって全くできなかった人に教える喜びを味わえました。英語に対して苦手意識を持っていた人に対してこのようにすればいいというアドバイスも与えることができました。その結果今まで嫌いだった英語が少しずつ好きになっていかれる様子を見ることができました。
学校等でまだ英語を習っていない子どもたちにも教える機会がありましたが「パズルみたいで楽しい」と言われた時はとても嬉しかったです。テストの点数が飛躍的に伸びた生徒からも「今までこんなに英語が楽しいなんて思ったことがなかった」と言われて教えてきて本当に良かったと思いました。
初めは本当に試行錯誤を繰り返して1人1人にあう勉強方法を見つけることに苦労しましたが、今ではそのような苦労もとても楽しかった思い出の一つとして刻まれています。このようなことは英語ができないと味わえなかったものなのでとても嬉しいです。

英語を活かす仕事 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索