シドニー ワーホリ体験

私は来豪後、4ヶ月English schoolに通いました。1ヶ月General English、その後1ヶ月バリスタコースを受け、残り2ヶ月はまたGeneral Englishにもどりました。

学校に通っている間にアルバイト探しをし、来豪後2ヶ月目で今の仕事に雇ってもらうことができました。とにかくやってみたいことがいっぱいありすぎて、1年じゃすべてやりきれないと思いセカンドビザを取ることにしました。

給料がもらえるピッキングか、給料がない代わりにアコモデーションと食事が支給されるWWOOFでセカンドビザを申請できる条件を得るかとても迷いましたが、WWOOFのほうが最短で確実に取りやすいと聞いたのでWWOOFにしました。

WWOOFにしたら3ヶ月間お金が稼げないので、Wwoofに行く前までできるだけお金を貯めておこうと思い、必死でアルバイトをしてお金を貯めておきました。Farm Jobは大変ときいてましたが、WWOOFでは旅行ではなかなかいけない田舎に行くことができたし、今まで体験したことのない農家の生活ができて貴重な体験を得ることができました。

1ヶ月ごとに違うWWOOFerのところに行っておけばもっといろいろな体験やプチ旅行ができたかなぁと、少し後悔してます。
余裕をもってビザが切れる半年前にWWOOFにいったので、残りの2ヶ月はすごく充実した生活を送ることができました。1年でいろんな国の友達が増えました。これもシェアルームのおかげかなと思います。

Cityに住むには4人部屋とかでないと家賃が高くて住めません。けどシェアルームのおかげでいろんな国の文化、料理、言語など学べてホントよかったです。みんなとてもよくしてくれて、全く淋しい思いもせず1年を過ごすことができました。最初はシェアルームには抵抗がありましたが、今では全く抵抗はなくなりました。むしろ1人で住むなんて淋しくてしょうがないと思います。笑

1度日本帰国し、日本でセカンドビザを申請し、無事に申請が降りて、またSydneyに戻ることができました。同じアルバイトでまた雇ってもらえ、今ではお店を任せてもらえるようになり、「さらに英語の勉強、経営勉強をしなきゃ」と、いろいろ目標がもて、すごくいい刺激をもらいました。

また、スタッフにも恵まれ、毎日楽しく仕事をさせてもらってます。スタッフの国籍も違うので、時間があるときはExchange Languageができちゃったりします。去年はあまり旅行ができなかったり、チャレンジしようと思ってたことに一歩踏み出せなかったりしたので、今年はそれが実現できるようにしたいなと思ってます。

まだ、セカンドWHビザが始まったばかりですが、人生で1度きりなので、充実した後悔のない1年にしたいなと思ってます。

  • 性別:女性
  • ビザ:ワーキングホリデー
  • 目的:英語の上達、仕事の経験
  • 滞在地:シドニー


留学体験談 カテゴリ

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート