異文化との触れ合いが、バイタリティ溢れる人間性を創る|株式会社シイエム・シイ

株式会社シイエム・シイ
代表取締役社長 佐々 幸恭 氏
シイエム・シイは「売る気づくり」「買う気づくり」「満足づくり」の3つの「心動かすマーケティング」活動を提供するとともに、お客さま視点での満足を追及した付加価値の高いサービスを提供しています。
「売る気づくり」とは、教材を作成するなどして商品・販売教育を行い、お客さま企業の従業員の売る気を高めること。「買う気づくり」とは、制作物やイベントなどを使った販売促進の立案をし、消費者にお客さま企業の商品を魅力的に訴求すること。最後に「満足づくり」とは、取扱説明書や、修理書と呼ばれる自動車を修理するための技術マニュアルを制作し、お客さま企業の商品を購入いただいた方により満足してもらうことです。
人材教育コンサル会社では「売る気」の部分のみを、広告代理店では「買う気」、マニュアル編集会社では「満足」というように、各会社1つのマーケティングに特化していますが、シイエム・シイは全てのマーケティングを自社で行います。
このようなビジネスモデルや、創業56年の歴史(2017年10月現在)から、シイエム・シイは日本のトップメーカーをはじめとするお客さま企業から大きな信頼を寄せられ、さまざまな分野の仕事を任せていただいております。

語学力や留学経験のある方の採用について

シイエム・シイグループは、アジア、アメリカ、ヨーロッパに事業所を構えています。そのため、世界共通語の1つである英語はもちろんのこと、各拠点のスタッフは現地採用の人材が大半なので、タイ語や中国語などの多言語が話せる方も活躍するチャンスがたくさんあります。学びたい意欲のある方には語学教育のサポートも行っておりますので、どんどん話せる言語を増やして欲しいと考えています。
外国語はコミュニケーションツールとなりますが、「話せるだけ」ではコミュニケーション能力があるとは言えません。メンバーとの間でしっかりと信頼関係を築き、プロジェクトにおいてリーダーシップを発揮するなど語学以外の素養も留学経験のある方には大いに期待しています。

外国語を使用する具体的な業務の一例として、日本のメーカー様が開発された新製品の情報を海外スタッフ向けにローカライゼーションするビジネスがあります。このビジネスでは、その国の人や文化の違いを理解することが求められます。他にもネイティブ向けのイベント運営や、取扱説明書を英語で作成するなど、語学や国際感覚が活きる場がシイエム・シイの業務にはたくさんあります。

異文化との触れ合いが、バイタリティ溢れる人間性を創る

海外経験がある方は、海外での業務や生活に抵抗感がなく、バイタリティのある方が多いと感じています。移動や買い物など日本とは異なる文化の下で生活してきた方には、新しい環境での適応力や海外での対応力、苦労はあるものとする「受容する心」が養われると私は考えています。
また、現地人や外国籍の方とコミュニケーションを取る積極的な姿勢はシイエム・シイのビジネスと繋がります。働く場所が海外であれ国内であれ、厳しい環境に食らいついていくマインドと能力が重要であると考えています。

海外経験で養う「伝える力」「自ら発信する力」

私自身を含め、弊社の社員も留学経験がある社員が多数おります。実際に就職してその経験がどう役立ったかを尋ねると、「伝える力や、自ら発信する力がついた」と答える社員が多いです。
「自ら発信する力」と言っても、語学力の向上というわけではありません。
例えば1人の社員は、「結論から話す」ことがクセ付いたと言います。海外の方は、まず結論を知りたがりますが、日本人はどうしても結論に至るまでのプロセスから話し始めてしまうことがとても多いです。これはビジネス上とても良くないことなんです。

他にも、日本では沈黙は同意と捉えられますが、海外では自ら発言することが普通であるため、発言がないと意見がないと捉えられます。自分の意見を自分の言葉で発信できるようにと努めている社員も数多くいます。
語学力の向上だけなら日本にいても可能ですが、留学中に現地人と積極的にコミュニケーションをとるなど本気で留学していた方、現地の大学でしっかり勉強していた方には代えがたいものがあり、ビジネスにおいて本当の力が発揮できるのではないかと思います。

仕事に対してワクワクしている人にお会いしたい

私は、ワクワク感を持って未来を切り拓こうとしている方と、共に未来を創りあげたいと考えています。近年、ICTを介した技術の進化は目覚しく、今までにないスピードでビジネスの現場は変化しています。学校で学んだ知識は、先人たちが導き出した過去の事。それに習うことはもちろん大事ですが、それだけにとらわれてはいけません。我々が求めているのは新しく作り出す「未来」です。

シイエム・シイの事業内容である「マーケティング」。一見、華やかな世界をイメージされるかもしれませんが現実は違います。私たちが成長し続けることができたのは、斬新なアイディアによるものではなく、ひたむきにお客さまを、そしてその商品を、その市場を、深く理解し続けようとする意欲を何よりも大切にしてきたからです。私たちは、現場を知り尽くし、その知識を活かして、お客さまにとって効率的、かつ合理的な手法を提供する心動かすマーケティング・カンパニーなのです。

決して1年や2年で一人前になれるような仕事ではないと思います。ただ、日々自分を磨き続けてきた方なら、きっとやり遂げられるでしょう。将来の海外拠点の中核として、当社のビジネスマインドとポリシーに共感してくださった方にお会いできるのを楽しみにしています。

「心動かすマーケティング」をモットーにお客さまに寄り添い続けるシイエム・シイ。時代の流れに対応するために現在、ICTとグローバルをテーマに活動を行っております。
2016年の「ニューヨーク国際オートショー」では、VR用ゴーグルを装着することで、衝突回避支援パッケージであるドライブアシストを疑似体験できるコンテンツを制作いたしました。

株式会社シイエム・シイ(CMC CORPORATION) 代表者名:佐々 幸恭(代表取締役社長)
本社所在地 〒460-0021 名古屋市中区平和1-1-19
●株式会社シイエム・シイ 公式サイト
URL: http://www.cmc.co.jp/

他の企業インタビューも読む

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサードリンク