今後は飲食店も英語力は必須|JA全農兵庫直営レストラン神戸プレジール

interview_02
JA全農兵庫 管理部事業開発課
JA全農兵庫直営レストラン 神戸プレジール
支配人:三谷 康彦 氏
我々JAというと「飲食店経営」というイメージはあまり皆様にはないかもしれません。神戸プレジールは、JA直営レストランとして、神戸ビーフや但馬牛と兵庫県産の野菜など農畜産物をワインとお酒と共に楽しんでいただきたいとご提供しているお店です。
神戸三宮の本店、東京銀座の2店舗がございます。

外国人のお客様の増加

interview_02_photo1

昨今の訪日外国人の急激な増加により、神戸プレジール銀座、神戸プレジール本店では外国人のお客様に大変多くご利用いただいてます。また、神戸ヒーフは世界的にも注目されています。
ランチでは6割~7割、ディナーは5割程度、外国人のお客様にご利用いただいています。10年前のオープン当初には、正直申しまして予想はしておりませんでした。

それに従い急遽必要となったのは、スタッフの英語力です。オープン当初はスタッフに英語力は求めていませんでした。
しかし現在では外国人の方へはwebからの問い合わせ、電話も当然英語での対応です。特にメールに関しては、定型文のような内容ではなく、1件1件様々な質問などにも丁寧に応対いたしております。予約に関してのトラブルや行き違いのないよう綿密な対応が求められます。

また、当然ご来店いただきました際の英語での対応が求められます。
私ども神戸プレジールの場合はお店の価格帯や雰囲気もあり、外国人の方も接待などでのご利用も多いです。ですので日常英会話だけでなく、ビジネス英語も必要です。また、食材や料理などの専門知識も英語で対応できる英語力が必要です。

飲食店も英語力が不可欠

interview_02_photo2

英語力は能力であり、ひとつの技術です。以前は飲食店に英語力は必要ありませんでした。しかし現代では業態問わず必須条件とも言えます。もちろんそれだけでは不十分ですが、そういった人材を確保するために我々飲食店経営、人材を採用する側も待遇面含め早急に考えるべき点があるかと思います。

英語を使った仕事をしたいという方が、飲食業界も選択肢のひとつとして考えることがあたり前になるように、雇う側も考えていかねばなりません。

留学や海外での接客経験がある人材は非常にありがたい

ひと昔前とは違い留学が身近になってきていて、留学する方も多いようですね。大学では英語や留学などに力を入れていると聞きます。
長期留学しても4年で卒業できる仕組みや様々な選択肢があり、留学できる環境が整っているように思えます。やはり海外で接客の体験がある方、留学経験のある方がスタッフにご応募してくださると大変ありがたく嬉しいですね。

余談になりますが神戸プレジールはこの秋、東京の銀座へ進出いたします。こちらはまた神戸とは雰囲気、広さも違います。「神戸ビーフ」は今後更に海外に注目されるであろうと予想しております。

東京では社員にさらに英語力が求められます。まだまだ人材不足は否めない飲食業界ですが、弊社だけでなく日本の外食産業全体として英語力のある方の採用についても見直していき、確保できるような取り組みを迅速に検討しなければならないと考えます。

  • interview_02_photo3
  • interview_02_photo4
  • interview_02_photo5
  • interview_02_photo6

店名である“PLAISIR”~プレジール~は、フランス語で「満喫」や「喜び」という意味があります。JA全農兵庫の直営レストランとして、お客様に極上の神戸ビーフや兵庫県産の新鮮な農畜産物を こだわりのワインやお酒と共にご堪能いただきたいという思いをこめています。
落ち着いた空間で、旬の食材を楽しんでいただけるお店です。

JA全農兵庫直営レストラン
神戸プレジール銀座
URL: https://kobeplaisir-ginza.jp
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目8番1号 銀座プレイス11F番5号
TEL. 03-351-8700 
Lunch 11:30~15:00(LO 14:00)
Dinner 17:00~22:30(LO 21:00)
定休日: 日曜日
JA全農兵庫直営レストラン
神戸プレジール
URL: http://www.kobe-plaisir.jp
〒650-0011 神戸市中央区下山手通2丁目11番5号 ホテル ザ・ビー神戸1F
TEL. 078-571-0141  FAX. 078-571-1515
Lunch 11:30~15:00(LO 14:00)
Dinner 17:00~22:30(LO 21:00)
定休日:月曜日

他の企業インタビューも読む

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサードリンク