貿易事務の仕事

仕事内容

海外で培った英語をはじめとする外国語を大いに活かせる仕事のひとつに貿易事務の仕事があります。貿易事務の仕事は大きく、輸出業務と輸入業務の2つに分けることができます。輸出業務は、日本から品物を輸出する際に必要な書類を用意したり手続きをとったりする業務で、反対に輸入業務は外国から品物を輸入する際の手続きをする業務です。

輸出に関する具体的な業務は、輸出通関書類作成、通関手配といった輸出に関わる法律的な資料の作成や運送便の手配、L/C(荷為替手形に付いた信用状)買取などです。また、輸入に関する具体的な業務は、輸入通関手配や商品の納入管理、関税納付、消費税納付などが主になります。どちらの業務を担当するにしても社内社外問わず、日常的に外国語でのやりとりが多くなりますので、外国語のスキルは必須になります。

貿易事務の業務が必要な業界は、商社、メーカー、船会社、航空貨物代理店、銀行、保険会社など様々な業界がありますが、金融のグローバル化やビジネスの国境シームレス化により、これからさらに貿易事務が必要な業界・業種はどんどん増えていくといわれています。

資格について

医師や弁護士などと違って、貿易事務の仕事に必ず必要な資格はありません。ただ、仕事を進めるうえで有利だったり自分の能力をアピールするための資格はいくつかあります。未経験の場合、どうしても企業は資格を持っている人を優先して採用する側面がありますので、貿易事務を目指すなら、まずは関連する分野の資格取得が最短のルートといえるでしょう。

貿易事務の仕事に有利な資格の中で代表的なものは、以下の通りです。

  • 通関士試験(国家資格)
  • 貿易実務検定試験
  • 貿易スペシャリスト認定試験
  • AIBA認定貿易アドバイザー試験
  • IATA/FIATAディプロマ試験

一般的には、A級、B級、C級からなる貿易実務検定試験のC級認定を受けて貿易事務の世界に入る人が多いです。というわけで、この項では比較的簡単に取得でき、その世界に入るのに一番一般的な貿易実務検定試験C級を詳しく見て行きたいと思います。

貿易事務認定試験は、日本貿易実務検定協会が受験者の貿易実務者としての能力を認定する試験で、平成10年からはじまったもので、これまでのべ約15万人の人が受験をした貿易実務の世界ではメジャーな試験のひとつです。 C級における受験科目は、貿易実務と基礎的な貿易実務英語です。配点は貿易実務が150点、貿易実務英語が50点で、計200点満点のうち80%の得点をした人が合格する試験です。

毎年3、5、7、10、12月に試験が行われ、合格率はおおむね50~60%前後になっています。試験会場は、東京、横浜、埼玉、千葉、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、沖縄といった各都市で開催されています。

※試験日程、試験会場、試験内容、合格率は貿易実務検定のホームページから引用

就職・転職活動

貿易実務検定C級を取得した後、企業に入社して、実務経験を積みながら、さらなるスキルアップを果たすというのが一般的なルートになります。先にも触れたように、貿易事務を必要としている業種、業界は多岐にわたり、それはこれからも幅広い分野に広がっていくことが予想されます。

どの業界に進むにせよ、貿易事務という職種はパソコンなどを使った事務処理能力やビジネスマナーが必須になります。未経験でTOEICの試験を受けている暇もないけど、採用試験に臨みたいという人は、これらをアピールポイントにしたいところです。

貿易に関わる仕事なので、必然的に時間も不規則になりがちなのでそういう業界だという覚悟と体力、そして外国相手に外国語でタフにネゴシエーションする場面も想定されますので、相応の精神力も必要な仕事であるということも知っておいてください。


ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート