通訳の仕事

仕事内容

海外での留学経験や培った語学力が直に行かせるのが通訳の仕事です。通訳と一口に言っても、さまざまな種類があります。海外から日本に来る観光客のための観光ガイドが主となる通訳から国際会議での同時通訳までその領域は多岐に渡ります。ここでは、それぞれの仕事内容、求められるスキルを詳しく紹介します。

■国際会議の同時通訳

長い会議で同時通訳をこなしきれる語学力と集中力は当然ながら、会議の場では専門用語や専門知識がなければ伝わらない言葉が飛び交います。その分野の基礎的な知識をもっているか短期間で勉強できる人が求められます。

■放送通訳

日本に来ている外国の人向け、あるいは外国の放送を日本人向けに放送する際に必要なのが放送通訳です。通常は事前にVTRを見て放送原稿を作りますが、事件や災害などの緊急時には同時通訳のスキルが求められます。

■ビジネスの場での同行通訳

会議での通訳はもちろんのこと、海外の投資家が日本の企業を訪れる際の通訳、海外企業に研修に行く日本人または日本企業に研修に来る外国人のための通訳もニーズが高まっています。円滑な通訳を実現するため、株式や研修の分野への最低限の知識が必要になります。

■エンターテインメント界の通訳

海外の俳優や女優などがPRのため日本を訪れる際、彼らの通訳はもちろん、場合によっては日本人プレスの窓口になることもこの分野の通訳者に求められます。語学力に加え、相手が何を望んでいるかを察知する能力やスケジュール管理能力など秘書的なスキルも必要になります。

■観光ガイド兼通訳

外国人の日本観光ブームの高まりを受けて、最近特に必要とされているのが観光ガイドと通訳をこなす通訳者です。外国人観光客が何に感動し、何に興味を覚えるかを考える推察力とリサーチ力、日本で何が流行っているのかをキャッチできる感度の良さ、日本の歴史や観光地自体への知識の多寡が問われます。

資格について

弁護士や医師などと違って、通訳には業務を行う上で必須となる資格はありません。つまり、名刺を作って通訳者を名乗れば、誰でもなれてしまいます。しかし、それだけでは仕事を得ることは難しいでしょう。小さな仕事から徐々に大きな仕事へステップアップしていくのが通常のルートですが、スキルを証明するために「通訳案内士」という資格が用意されています。

通訳案内士は、日本で唯一の通訳のための国家資格です。日本政府観光局(JNTO)が認定するこの資格で受験可能な語学は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語です。

一次試験では語学の筆記試験のほか、日本の地理や歴史から経済、政治、文化までの一般常識試験が課されていて、日本に対する深い理解が必須になります。これを突破すると実際に外国語を使っての口述試験が行われます。

平成27年度の合格率は、ドイツ語で24.2%、英語で21.5%の人が合格しています。他に20%前後の高い合格率を示す言語はフランス語、スペイン語、ポルトガル語などがあります。反対に合格率が低い言語は、5.0%で最低のイタリア語を筆頭にタイ語、ロシア語、中国語などが10%を割り込んでいる難関試験になっています。

なお、試験は一次試験は毎年8月頃、二次試験は12月頃に行われています。また、試験の受付期間は毎年5月から6月頃です。

※試験日程、試験内容、合格率は日本政府観光局(JNTO)のホームページから引用

就職・転職活動

通訳エージェントや通訳の派遣会社に登録して仕事を斡旋してもらいながらスキルアップするというのが一般的ですが、最近では業務のグローバル化により一般企業が採用して、自社で通訳者を育成するという企業も珍しくはありません。

また、一般企業のほかにも、日本サッカー協会やワールドカップの開催が迫る日本ラグビー協会といった国際的な折衝が必須の団体でも、近年、通訳者を採用しています。 いずれにしても、語学力は当たり前の能力として磨きをかけるほか、専門的な知識や他の人とは違った持ち味を身につけることができるかどうかが、通訳者としての成功の分かれ道になるのではないでしょうか。


ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサードリンク