編集者の仕事

仕事内容

編集者の仕事は一言でいうと、著者と読者との橋渡し役です。仕事内容は、大きく書籍と雑誌の仕事に分かれます。以下でそれぞれの仕事内容を説明します。

書籍編集者

さまざまな社会情勢や流行、読者のニーズを鑑みて、書籍の企画を立てることがまず第一の仕事です。企画会議でその企画にゴーサインが出て企画が正式に決まれば、次は執筆者の選定です。テーマに合った執筆者を探し出すことも編集者の大きな仕事です。

執筆者と編集者の関係は長いマラソンを一緒に走る伴走者にしばしば例えられることがあります。原稿内容が企画意図とそれることがないようにチェックをしたり、求められる資料を集めたりと執筆者が執筆しやすい環境を整えることがその仕事です。

原稿が著者からすべて送られてきたら、間違っている文字がないかや事実関係に間違いがないかのチェックなどの校正作業にあたります。ここで間違いを犯すと本全体の信頼性が大きく損ねてしまうため、何度も何度もチェックを繰り返します。非常に地味な作業で粘り強い根気の良さが必要とされる業務です。

本が出来上がったら編集者の仕事は終わりではありません。より本が売れるための広告戦略を練るのも編集者の仕事のひとつです。さまざまな販促戦略を練って自分が担当した本を一人でも多くの読者に届けるも重要な任務です。

雑誌編集者

雑誌編集者の場合も書籍編集者と同じで、より読者に届く、平たくいえば「より売れる」企画を立てることが一番重要な仕事になります。

雑誌の特性や季節、社会情勢、流行などを考慮して、企画は立てられます。そういった意味で、その雑誌にとって何が一番求められているのかを察知する能力や、世の中で何が受け入れられているのかを敏感に感じ取れる感度の良さなどが求められれる能力です。

企画が決まれば、雑誌編集者の次の仕事は取材です。取材においての編集者の役割は主にプロデューサーです。ライターやカメラマンへの仕事の発注、取材先とのスケジュール調整、取り上げる物品の貸与申請、企画に関わるお金の管理などさまざまな業務をこなす必要があります。

また、大手の雑誌ではあまり多くはありませんが、中小の出版社あるいは編集プロダクションのような会社では、企画を立てた編集者自身が取材をしたり写真を撮影したりすることも多くあります。編集者を希望する人は普段からそういった能力に磨きをかけておくのも入社試験では、アピールポイントになるでしょう。

原稿がライターからカメラマンから写真が上がってきたら、ページのレイアウトや校正などのデスクワークに移ります。この業務は書籍と同じで、間違いが許されない仕事になりますので、非常に地道で地味な作業で忍耐力が必要とされます。

資格について

編集者に必須の資格はありません。出版社や編集プロダクションに採用されて編集部に採用されればその日からあなたは編集者です。

ただ、国内の出版市場が縮小し続ける昨今の情勢から、最近では大手出版社を中心にコンテンツのグローバル化を推し進めている会社が目立ちます。その際に必要とされるのが、語学力です。英語をはじめとした語学にアドバンテージのある海外留学生がその強みを活かしやすい環境が生まれつつあるということです。そういった意味で、語学力に自身のあつ人は「TOEIC」などの語学の実力がひと目で分かる試験を受けておくといいでしょう。

また、語学教材を出版する会社も、語学を本格的に勉強した人材を求める傾向にあります。語学力を活かして編集者になりたい人は、仕事内容は先にご説明した書籍編集者とあまり変わりませんので、この道も考えておくと良いでしょう。

就職・転職活動

業界全体の転職事情としてはまず、大手出版社に新卒で入社した人はよほどのことがない限り、自社で自分のやりたいことができる環境を目指す傾向にあります。

逆に中小の出版社や編集プロダクションに新卒で入社した人は、自身の積み上げた実績を武器に大手出版社へのキャリアアップを狙っています。

昨今の出版不況で業界全体は斬新な企画、前例にとらわれない発想を求める傾向にあります。以前に比べて実績がある人には転職しやすい状況になってきたといえるでしょう。


ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索