看護師の仕事

仕事内容

平均年収が519万円と高額で安定していること、さらに慢性的な人手不足のため一度資格を取得してしまえば比較的簡単に就職先が見つけやすいことなどが理由で、女性から特に高い人気を得ている職業のひとつが看護師です。みなさんの中にも通院や入院した際にお世話になったことがある人もいるのではないでしょうか。

ここでは、看護師が日々職場でどのようなことをしているのかを具体的に見ていきたいと思います。 看護師の仕事内容は大きく分類すると以下の通りになります。

  • 身体的、心理的な患者のケア
  • 診察の補助
  • 問診や各種検査
  • 点滴や注射、検温
  • 食事や排泄の補助
  • 入浴の介助
  • 患者の家族のケア
  • 手術の補助

細かく挙げていけばキリがありませんが、上記が基本的な仕事内容です。これらに加えて患者の状態の記録、医師への報告、患者の健康管理などを、日常的に行わなければなりません。ですので、体力的にも精神的にも相応のタフさが要求されます。

また、病院をはじめとした医療施設は命の現場ですので、些細なミスも許されません。注意深く細やかな気配りができるかも重要な要素になってきます。さらに、病院で看護師になりたいという人は夜勤もこなさなければならないということも頭に入れておいてください。

※看護師の平均年収は平成27年度人事院統計書調べ

資格について

看護師として働くには、看護師資格が必要になります。この資格は厚生労働省が管轄の国家資格です。看護師国家試験は誰でも受けられるという類の試験ではありません。受験資格を得るには、以下の方法のいずれかを経る必要があります。

  • 看護大学卒業
  • 統合カリキュラム指定養成施設卒業
  • 看護短大卒業
  • 看護師学校、養成所卒業

また、試験内容は、以下の通りになります。

  • 人体の構造と機能
  • 疾病の成り立ちと回復の促進
  • 健康支援と社会保障制度
  • 基礎看護学
  • 成人看護学
  • 老年看護学
  • 小児看護学
  • 母性看護学
  • 精神看護学
  • 在宅看護論
  • 看護の統合と実践

当然のことながら、すべて実践で必要な知識になりますので、十分勉強して試験に臨む必要があります。ちなみに合格率は例年90%近辺ですので学校できちんと学習をしていれば、合格できる可能性は高くなるといえます。

試験日程は例年2月の下旬に行われ、3月下旬に合格発表が行われます。なお、試験は北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県で例年開催されています。

※受験資格、試験内容、合格率、試験日程、試験開催地は厚生労働省ホームページ調べ

就職・転職活動

昨今は、看護師免許を持つ人が100万人を大きく超えています。つまり日本国民の100人に1人が看護師というわけです。その中で、少しでも他の看護師と差をつけたい、自分の専門スキルを身につけたいと考えている人は認定看護師の資格取得を目指すことをおすすめします。

看護師は先にも挙げたように、高給、就職のしやすさで人気ですが、それに加えて結婚・出産などで一度キャリアが途切れても復職しやすいという点も魅力として挙げることができます。さらに、女性にとっては夫の転勤などで見知らぬ土地に行ったとしても他の業種と比べると職を得やすいというメリットもあります。

もちろん中には、キャリアと経験を積んでより待遇の良い職場へとキャリアアップを図る人も数多くいます。1995年から日本看護協会によって認定看護師という資格が作られました。この認定看護師は、救急看護や緩和ケア、癌性疼痛看護など特定の21分野に特化した専門看護師という位置づけで、その分野に高い専門スキルを持つ看護師というわけです。この資格を持っていると昇進や昇給に有利になるばかりか、他の看護師への指導役として活躍の場が増えたり、施設によっては夜勤が免除になるケースもあります。

※認定看護師の専門分野は日本看護協会ホームページ調べ

転職や再就職をお考えの看護師の方は、ハローワークに登録して求人を探し応募する、 求人誌などで直接応募するなど自分自身で転職活動を行う方法と、勤務地、給与、夜勤など条件等の希望を整理し、看護師専門の転職サイトや転職エージェントに登録し、面接や書類のアドバイスから求人案件の紹介を無料でサポートしてもらう方法があります。自分自身に合った転職活動の方法を選択し、転職活動を成功させましょう。 



ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート