アパレル販売員の仕事

仕事内容

オシャレに敏感な人やファッションが大好きな人は、一度はアパレルショップの店員に憧れたことがあるのではないでしょうか。華やかなイメージで人気の仕事のひとつですが、実際アパレル店員はどのような仕事をしているのでしょうか。お客さんに接客して気持ちよく服を買ってもらうということは多くの人がわかっていることだと思います。しかし、それ以外にももちろんやるべき仕事がたくさんあります。ここでは、アパレル店員の仕事を詳しく紹介します。

まず、一番の仕事は何と言ってもやはり接客です。この接客対応は非常に重要ですね。マニュアル通りに話しているだけではいけません。そのお客様によって求められることも当然違います。お客様の中にはどのような服装が似合うかのアドバイスを求めている方もいます。そうした際に、お客さんが納得できる答えを出すことができるかどうかは販売員としての腕の見せどころです。

また、売れ筋や流行、お店のイチオシを意識した商品ディスプレイもアパレル販売員の大きな仕事のひとつです。このディスプレイが上手くいくかどうかによって集客も売り上げも大きく変わってきます。みなさんもセンスが良くて商品が見やすいショップの方が買いやすいとは思いませんか。

これに加え、レジ、洋服をキレイに整えること、お店を清潔に保つこと、在庫管理、そしてセール前にはアパレルタグの入れ替えなども当然のことながら販売員に任されます。店頭に立つだけでなくバックヤードの仕事も多くなります。

さらに、経験を積み、センスの良さが認められればどの商品をどれくらい入荷するかを決定したり、お店のイチオシの商品を決めたりする権限を与えられる場合もあります。

資格について

アパレル販売員に必須な資格はありません。しかし、就職や転職の際にアピールできる資格や自分のキャリアアップを図るために重要な資格は数多くあります。以下が、取得してしておくと販売員として有利になると思われる資格の一覧です。

  • テキスタイルアドバイザー
  • パーソナルカラー検定
  • 販売士

テキスタイルアドバイザーは、通称TAと呼ばれる衣料管理士のことです。この資格はアパレル業界でも屈指の歴史を持つ資格でアパレル業界での信頼感は各種資格の中でも群を抜いています。 それだけにこの資格を持っていると就職や昇進に非常に有利なだけで、より幅広く服飾に関わりたいと思ったらぜひ取得しておきたい資格です。

この資格は、試験を受けて合格すれば良いという性格のものではなく、主管する一般社団法人日本衣料管理協会が認定する大学で所定の単位を修了すれば取得できるというタイプの資格です。認定校については日本衣料管理協会のホームページで確認することができます。

※資格内容については日本衣料管理協会ホームページ調べ

次に紹介するのはパーソナルカラー検定です。販売員として求められることのひとつにお客さんに似合うアイテムや似合うカラーを提案するということがあります。パーソナルカラー検定では、その勉強を通してお客さん一人ひとりにどんな色が似合うのかを提案できる能力を身につけることができます。

パーソナルカラー検定は、NPO法人日本パーソナルカラー協会が主催、認定する民間の資格です。試験の難易度は、モジュール1(初級)、モジュール2(中級)、モジュール3(上級)の3つのレベルで構成されています。ちなみに、モジュール1とモジュール2は併願が可能です。合格率はモジュール1が約75%、モジュール2が約70%、モジュール3が50%です。国家資格などと比較するとそこまで難しい内容ではありませんので、アパレル関係に進む人は勉強して取得しておくと就職や昇進に有利となりおすすめです。

※試験内容については日本パーソナルカラー協会ホームページ調べ

最後に紹介するのは、販売士という資格です。この資格はあなたが販売分野のプロフェッショナルであるということを証明する資格です。接客技能から販売、物流、商品開発、仕入れの方法まで販売に関わる事柄すべてを体系的に学ぶことができます。

売り場責任者やエリアマネージャー、店長になるにはこの資格が必須の会社もありますので、アパレル業界でキャリアアップを狙うのであればぜひとも取得しておきたい資格です。ただ、最難関である1級の合格率は25%と決して簡単ではありませんので、経験を積みしっかり準備をした上で試験に臨むことをおすすめします。

※試験内容については日本販売士協会のホームページ調べ

就職・転職活動

4~5年ほど販売員として経験を積んだ後、副店長、店長と出世して、さらなるキャリアアップを目指し転職を考える方も多いです。さらに、店長時代に顕著な実績を残せば、複数の店舗を統括するエリアマネージャーや新人を研修するトレーナーという仕事を任せられるようになります。そこで実績を積むと今度は商品を買い付けてくるバイヤーや商品開発を担当する部門を任せられるようになります。もちろん、こうしたキャリア形成ができる人は実績を残してきた一握りの人です。

しかし、本当に洋服が好きでアパレル業界でキャリアアップを図りたいという方は、上記で紹介した資格取得はもちろん、さまざまな勉強をして自分を磨き続けていくという姿勢で仕事に当たることが重要です。

また、現在は日本に来られる外国人観光客の方も非常に多くなっています。 ファッションブランドの主要都市の店舗では、英語の話せるスタッフや外国人スタッフを積極的に採用しています。 たとえば、有名ブランドの場合や外資系アパレル企業などを希望する場合は、「英語力」も必要です。 また、語学力が転職活動に有利になる場合もあります。

現在の職場から転職したいという方もさまざまな理由があるかと思います。例えば、勤務地や休日、給与面での待遇面の改善、扱うファッションのテイストを変えたいなどでも転職を考える場合がありますね。

または全く違う業界からアパレルへの転職希望の方も多いですね。新卒募集以外の転職や再就職でアパレル販売員の求人は、経験者の応募が歓迎されることが多いです。しかし、未経験でも可能の求人も多々あります。アパレル専門の転職サイト(転職エージェント)なども上手に利用すると、無料でさまざまなサポートもあり、希望の転職先がスムーズに見つかる可能性が高くなるかと思います。



ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート