介護福祉士の仕事

仕事内容

高齢化社会とともに、今ではなくてはならない職業のひとつとなった職業が「介護福祉士」です。介護士と呼ぶことも多いですが正式名称は介護福祉士となります。介護福祉士(介護士)とは、一言で言うと施設に通う老人や身体障害者の方のお世話をする仕事です。では、介護福祉士になるにはどうしたらいいのでしょうか。

介護士の一番の仕事は、要介護者や老人の身体や生活面での介護です。要介護の人や体の不自由な老人は、一般的には一人で社会生活を営むことは難しいのが実情です。そういった際にその人をたちを助けて日常生活を営みやすくする役目が介護福祉士になります。ここで、介護福祉士の一般的な仕事内容を見てみましょう。以下に、その仕事内容をまとめました。

  • 身体介護(着替え・食事・入浴・排泄といった補助)
  • 生活の介護(調理や食事の準備、洗濯・買い物などの日常生活のサポート)
  • 精神的なケア(悩みの相談、家族からの介護についての相談・アドバイス、介護用品を使用する際のアドバイス)

介護福祉士の仕事は、社会的価値が非常に高いとともに、とてもやりがいのある仕事です。しかし、昨今の報道にもある通り介護士の仕事は、現在のところ待遇が良いとは言えず社会問題にもなっています。また高齢者や身体障害者の生命や生きがいを担う職業ですので、非常に責任感が伴う仕事です。

これからさらに進む高齢化社会では、どんどん介護施設を利用する人は増えると見られています。そういった意味で、介護士の仕事は今後これまで以上にニーズが高まり、待遇の向上も期待できる職業といえます。

資格について

介護の現場で仕事をするためだけには、原則的には資格は必要ありません。しかし、より深く介護現場に携わるために、より利用者のためになるために、そしてより高い報酬を受けるために、介護現場で働く人の多くのは資格を取得しています。

介護施設で働く人が取得する職業は主に、介護職員初任者実務研修(旧ホームヘルパー2級)、介護職員実務者研修、ケアマネージャー、介護福祉士などがあります。この記事では、国家資格でもある介護福祉士の資格について詳しく紹介していきたいと思います。

ちなみに介護福祉士は、医療や介護の現場では「ケアワーカー」と言われることが多いです。 先述しましたが介護福祉士とは、厚生労働省が所管する国家資格です。介護福祉士になるにはこの国家資格に合格しなければなりません。

ではここで、受験資格や試験内容、合格率などについて詳しく見ていきましょう。

受験資格

従業期間3年(1,095日)以上かつ従事日数540日以上+実務者研修です。実務経験は必須です。実務経験対象施設で、上記のような従業期間と従事日数が必要になります。従業期間と実務日数の違いは、以下にです。

  • 従業期間=入所してからの年月。
  • 従事日数=従業期間から年次有給休暇、特別休暇、出張、研修などを除外した日数。

さらに、実務者研修を修了している必要があります。細かい規定ですので、受験をする際には自分が受験資格があるかどうかをきちんと確認する必要があります。

試験内容

介護福祉士の試験内容は以下の項目になります。いずれも勉強や実務経験をすることなく、合格することは難しい設問ばかりですので、しっかりと準備してから受験をしましょう。

  • 人間の尊厳と自立
  • 人間関係とコミュニケーション
  • 社会の理解
  • 介護の基本
  • コミュニケーション技術
  • 生活支援技術
  • 介護過程
  • 発達と老化の理解
  • 認知症の理解
  • 障害の理解
  • こころとからだのしくみ
  • 医療的ケア
  • 総合問題

合格率

合格率は例年60~70%です。しかし、近年介護福祉士の人材不足も相まって、合格率は高くなっている傾向にあります。

試験内容の項目を見ていただけると分かるように、座学だけでは決して合格できない試験になっています。加えて先にもお話しましたが、この資格の受験資格は、十分な実務経験が必須になっています。合格するには、座学はもちろん実地経験が必須です。しかし、合格率を考えると、きちんと勉強や準備をしている人には、そこまで難しい試験ではありません。

就職・転職活動

現在、介護業界の待遇は決して良いとは言えない状況です。しかし国会でも取り上げられていますので今後改善の可能性はあります。

また現在介護士として仕事をしているがこれまで以上に報酬を得たい、さらにやりがいのある職場に行きたいという人は上級の資格を取得するのが近道です。例えば、認定介護福祉士やケアマネージャー、訪問介護事業者であれば、サービス提供責任者などがあります。

上級の資格を取得すれば、介護業界でのキャリアアップは可能です。基本的に、現在のところ人材不足の業種ですので、上級の資格は転職の際に大きな武器になるはずです。

そして、手に職をつけ長く働きたいので社会人の方が介護士を目指す方も増えています。ハローワークでの紹介、介護士専門の転職サイトに相談するなど自分にあった転職活動の方法を見つけながら転職活動を成功させてくださいね。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索