医療事務の仕事

仕事内容

医療事務の仕事は、一言で言うと病院やクリニックなどでの事務作業を担う仕事です。医療事務の仕事内容は多岐に渡りますが、その中でもメインの仕事は「レセプト業務」です。このレセプト業務というのは、なじみにない人には聞き慣れない言葉かもしれません。しかし、病院やクリニック経営にとって、そして患者にとってなくてはならない業務なのです。

レセプトとは、患者さんが受けた診療について、病院やクリニックなどの医療機関が市町村や健康保険組合に請求する額を明記した請求書のことです。これがなければ病院経営は成り立ちませんし、患者さんも安心して診療を受けることはできません。

なぜなら、このレセプトを元に保険元(市町村や健康保険組合)から医療施設に入るお金が決定されますし、この制度が崩壊すれば患者さんが現状の三割負担で診療を受けることが難しくなります。そういった意味で医療事務で一番大切な仕事は医療費を計算するレセプト業務と言えます。

また、一般的な事務とは違い医療事務の仕事はお客さん(患者さん)に直に触れ合う仕事です。患者さんを思いやる気持ちや細やかな心遣いが必要な仕事と言えるでしょう。

資格について

医療事務の仕事に就くには、特別な経験や資格がなくても就くことができます。その半面、全国的に医療事務の専門学校が林立しているのも事実です。これはなぜかと言うと、ひとつには女性が長く働ける職場で人気の職業ということがあります。そして、もうひとつは就職に有利な試験が難しいという側面もあります。

医療事務に有利になる資格のうち、一番代表的なものは「診療報酬請求事務能力認定試験」です。これは医療事務に関わる資格の中で唯一の国家資格でもあります。

医療報酬請求事務能力検定試験は、「財団法人 日本医療保険事務協会」が主催・認定する試験です。財団法人が認可していますが、前述の通り国が認めた国家資格です。

受験資格は問われず、どのような立場の人も試験を受けることができます。受験項目は以下の通りになります。

1.学科試験

  • 医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
  • 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
  • 診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
  • 医療用語及び医学・薬学の基礎知識
  • 医療関係法規の基礎知識
  • 介護保険制度の概要

2.実技試験

  • 診療報酬請求事務の実技(実際に診療を受けた場合の診療報酬の計算)

ちなみに、この試験の合格率は例年30%前後で推移しています。この試験を受ける人は、それなりの実務経験を積むか、きちんと勉強をした上で受けた方が良いでしょう。

※試験内容、合格率などが財団法人 日本医療保険事務協会のホームページを参照

就職・転職活動

資格を持っていなくても就職できるとあって、病院や医療機関などの安定した職場に就きたい人には魅力的な職場です。しかし、この仕事を目指すのであれば今すぐの資格取得を考えなくても将来的な資格取得を視野に入れて勉強を続けたほうが良いでしょう。

もちろん、新卒の際にも資格があればそれにこしたことはありませんが、資格がないからと言って、諦める必要はありません。資格不問で募集を出している医療機関も数多くありますし、就職後に資格取得をバックアップしてくれる体制を取っている病院やクリニックも少なくありません。

先にもお話ししたように、合格率が30%前後の難関試験ですから、在学中に取得してしまおうというよりも実務経験を積みながら勉強するというのが一般的です。もちろん就職の際に資格を持っていればプラス評価になることは言うまでもありません。

また、キャリアアップを重ねるためには、どの診療科でも仕事ができる必要があります。たとえば、眼科での仕事は完璧だが内科のことはまったく分からないというのでは、キャリアアップを臨むことは難しいでしょう。仕事の幅を広げて、キャリアアップを図りたいという人は特に、どの診療科でも仕事ができるように準備しておく必要があります。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索