美容部員の仕事

仕事内容

美容部員は、百貨店や化粧品専門店などに常駐し、お客さんに合った化粧品の提案・販売、化粧の仕方などをアドバイスする仕事です。

美容部員の仕事のひとつにお客さんに化粧品を売るという仕事があります。もちろん、お客さんに合った化粧品を提案し、売ることは大きな仕事です。

しかし、美容部員の仕事はそれだけではありません。お客さんは肌やメイク方法にさまざまな悩みやトラブルを抱え、美容部員に相談してきます。その際にお客さんに実際にメイクをしてあげることや悩みに沿った的確なアドバイスをすることはもちろん、生活上気をつけることなどをアドバイスすることも重要な任務です。

美容部員の仕事はただ単に化粧品を売る販売員というよりは、肌や化粧品の悩みを解決するアドバイザーと考えておいた方が良いかもしれません。お客さんは肌やメイクに悩んで訪ねて来る人がほとんどです。そうした人たちに的確にアドバイスをするためには、アンテナを張ってトレンドを把握し、常にメイク方法や肌の管理方法などの勉強をし続ける必要があるでしょう。

資格について

美容部員として働くために必須の仕事はありません。また、美容部員として有利になる資格の中に国家資格は現在のところ存在しません。しかし、美容部員として就職するため、美容部員としてより幅広い仕事に携わるために役に立つ資格は数多くあります。代表的なものを挙げるだけでも以下のものがあります。

  • 日本化粧品検定
  • 日本化粧品検定
  • 国際メイクアップアーティストライセンス
  • 日本メイクアップ技術検定
  • メイクアップアドバイザー検定
  • メイクセラピー検定

上記の資格は、いずれも美容部員として働く上で有利になる資格ですが、それぞれに難易度や受験資格が異なってきます。まずは自分がどの資格取得に向いているかを吟味する必要があります。

また、美容部員にとって化粧品やメイクの知識・技術と同じくらい、接客能力も重要な要素です。「メイクの知識や技術にまだ自身がない」と言う人や、「メイクに関しては自信があるけどより自分を高めたい」という人には接客能力の面での資格取得をしておくのがおすすめです。美容部員の仕事に役立つ接客の資格は以下になります。

  • 接客心理検定
  • 日本マナー・プロトコール検定

これも受験資格や難易度が異なりますので、自分がどの資格から取得したら良いかを考えてから受験しましょう。

就職・転職活動

美容部員としてのキャリアアップの方法としては以下の3つの方法が考えられます。

  • 同じブランドで働きながら徐々にステップアップする
  • ブランドを変更してキャリアアップを図る
  • 美容部員の経験を生かして、他の化粧品関係の業界に転職する

それではひとつずつ見ていきましょう。

◯同じブランドで働きながら徐々にステップアップする

美容部員として働くなら一番一般的な道のりかもしれません。一般の美容部員として実績を挙げた人は、売り場主任、売り場責任者、店長とステップアップしていく人もいます。さらに、新人を教えるトレーナーや複数の店舗を統括する立場のマネージャーやエリアマネージャーに抜擢されるケースもあります。

◯ブランドを変更してキャリアアップを図る

百貨店や化粧品販売店で実績を挙げた後、自分の憧れのメーカーやブランドに美容部員として転職する方法です。一般に、有名ブランドや有名メーカーに新卒で入社すいるよりも実績を抱えて転職することの方が容易な場合があります。もちろん、元々の場所で実績を挙げること自体が難しいことですが、いずれ転職して憧れのブランドで働きたいという人は諦めずに努力することをおすすめします。

◯美容部員の経験を生かして、他の化粧品関係の業界に転職する

トップクラスの美容部員になると年間で数千人のお客さんのメイクをしたり肌やメイクに関する悩みを聞いています。この経験は、化粧品に携わるほかの業種に移っても大きな強みになります。美容室やメイクアップサロンへの転職が有利になることはもちろん、実力によってはテレビや雑誌などを彩るメイクアップアーティストなども考えられます。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート