ツアープランナーの仕事

仕事内容

「ツアープランナー」という職業はあまりなじみがない人が多いかもしれません。ツアープラン-とは、簡単に言うと旅行のプランを考える人のことです。

「ツアープランナー」は、よく「ツアーコンダクター」と混同されてしまいますが、両者は言葉こそ似ていますが、まったく職種が違います。ツアーコンダクターは、決められたツアーに添乗してお客さんを案内する仕事です。対してツアープランナーは、どういった旅行にするかを決める仕事です。

ただし、上記のように職種が分かれているのはあくまで大手の旅行会社や旅行代理店に限ってのことが多いです。中小の旅行会社や旅行代理店では、ツアーを企画する人が添乗までこなすことは決して珍しいことではありません。

旅行ツアーを考えることにとって、顧客がどのようなツアーを望んでいるかを知ることは非常に重要なことです。特に最近では、外国人旅行者が増えていることもあり、「アメリカ人は何を望んでいるか」、「中国人旅行者は何を見たがっているのか」なども把握していく必要があります。

資格について

ツアープランナーの職業に就くのに必須の資格はありません。しかし、「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱管理者」のいずれかの資格を持っていると就職や転職、さらにキャリアアップにとても有利です。

「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱管理者」は、どちらも旅行商品を取扱うために必要な資格です。この両者がどこがどのように違うのかと言うと、それは取扱う旅行の種類です。 国内旅行業務取扱管理者だと、国内旅行のプランニングや企画しかできませんが、 総合旅行業務取扱管理者は、国内はもちろん海外旅行のプランニングをすることができます。

どちらの資格を取得するかは、当人の希望によるところが大きいのですが、総合旅行業務取扱管理者の方がより幅広くより高いレベルで仕事をすることができることは明らかです。

また、最近では国内旅行においても外国人を相手にするツアーも増えています。旅行業界の企業でも近年、英語や中国語などの外国語が堪能な人や留学をした経験をしている人を積極的に採用しています。これは、語学ができることはもちろん、外国人がどのようなニーズを持って日本に旅行に来ているのかが分かるということが大きいと言われています。

そういった意味では、留学経験がある人は積極的にアピールした方が良いでしょう。また、客観的に語学力を示すために、語学に関する各種検定を受けることもおすすめすします。たとえば、英語力を示すために「TOEIC」や「TOEFL」を受験したり、「中検」と呼ばれる「中国語検定試験」などを受けていたりすると、より就職や転職に有利になると言えるでしょう。

就職・転職活動

ツアープランナーを目指して旅行会社や旅行代理店に入社しても、希望通りツアープランナーになれる人の方が少ないと思います。最初は不本意な職業であろうとツアープランナーを目指しているのであれば、旅行業界で経験を積むことをおすすめします。旅行に関するさまざまな知識を蓄え、さらにこの記事で紹介したような資格を取得するなどしながらチャンスを待ちましょう。旅行業界には旅行業界なりの独特のルールや考え方がありますので、それに慣れることが重要です。

また、未経験でも旅行業界のことを学べるという点も大きな点です。もし転職するにしても旅行業界を経験していたかしていないかでは、転職の有利さも違います。新卒で少々希望とは異なる部署に配属されたと言っても、すぐに諦めてしまうのはやめた方が良いでしょう。

また、ツアープランナーは、顕著な実績を挙げれば他社へ高待遇で誘われたり、独立開業ができる職業です。もちろん、数多くの実績を挙げていれば社内での地位も高まっていくことでしょう。どの道を進むにしても、資格の項でお伝えした資格が必要になることが多いので、できるだけ早く資格を取得しておくと、未来の選択肢が増えることは確実です。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート