薬剤師の仕事

仕事内容

「病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで働く薬のプロフェッショナル」、ひとことで言うと薬剤師はそういった存在です。具体的な仕事内容としては、以下の3つがメインの業務になります。

■調剤業務

■服着指導

■薬歴管理業務

下記から、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

調剤業務

医師から出された処方箋を元に、薬を調剤する業務です。医師の処方箋の通りに薬剤を調合し患者さんに提供することが基本的ですが、調剤業務にはそれだけではない責務があります。それは、医師の処方箋が間違っていないかどうかをチェックすることです。

どんなにミスに気をつけていても医師も人間ですので、まちがってしまうこともあります。また、伝達ミスや記入ミスなどの人的ミスもないとは言い切れません。そこで、薬剤師が最終チェック機関として、正しい投薬なのか、正しい処方箋なのかをチェックします。医療ミスや投薬ミスを防ぐ最後の防波堤でもありますので、非常に重要な業務です。

服薬指導

処方する薬に関しての薬の飲み方や注意点などを指導する業務 です。病気やケガを治すために薬は必要不可欠なものですが、その反面、副作用や禁忌行為なども存在します。正しい服用をすれば効果的な薬も扱い方を間違ってしまうと毒になってしまうというわけです。ですから、薬を服用する際にやってはいけない行為、気をつけなくてはいけないポイントを患者さんに分かりやすく伝えることは非常に重要です。例えば、服薬すると眠くなる薬を処方する際には、「服薬したら車の運転は控えてください」などの指導は確実にしなければなりません。

薬歴管理業務

薬歴とは「薬剤使用歴」の略称で、患者さんがいつどのような薬を服用したか、どのような治療歴を持っているかということから、アレルギーの有無や過去に重篤な副作用が起こったことはないかなどの記録です。薬剤師は、この薬歴を適切に記録・管理しなければなりません。薬歴は、薬剤が適正に使用されているかどうかのチェックや適切に服薬指導をするために必須の資料です。いわば薬剤師の業務の基となる資料なだけに、確実に記録・管理しなければなりません。

資格について

薬剤師として働くためには国家試験である「薬剤師国家試験」をパスし、薬剤師資格を得る必要があります。薬剤師国家試験は誰でも受験できる試験ではなく、基本的には六年制の薬学部か薬科大学以上を卒業(修了)している人のみが受けることができる試験です。

ですので、薬剤師になりたいという人はまずはじめに、薬学部か薬科大学に進学するところから考えなければなりません。日本には、国公立と私立を合わせて70以上の大学があります。カリキュラムや学費など、それぞれ特色がありますので進学する際には自分にはどの大学が合っているのかを吟味しましょう。

それでは次に薬剤師国家試験の概要を見ていきましょう。

◎試験日程:2月下旬(例年)

◎合格発表日程:3月下旬(例年)

◎試験地:北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県及び福岡県

◎試験科目:物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務など全345問、全問マークシート方式

◎合格率:60~70%台(例年、ちなみに直近の2016年度試験の合格率は71.6%)

試験科目は薬剤の知識はもちろん、物理や法規、実務といった幅広い分野から出題されます。これに合格するには、付け焼き刃の知識ではどうにもなりません。年単位での準備をおすすめします。

※受験資格、試験日程、合格発表日程、試験地、試験科目、合格率は「厚生労働省ホームページ」から引用

就職・転職活動

薬剤師の仕事内容の項で紹介した基本的な業務の他に、どのような施設で働くかによって必要な業務や能力が微妙に異なります。それぞれの施設での業務内容とそれに伴って必要な知識・能力を以下に紹介します。

◯病院

内服薬や外服薬以外にも、点滴液や注射液なども管理しなければなりません。また、昨今の病院では医師や看護師、薬剤師などがチームを組んで治療にあたる「チーム医療」という考え方が浸透してきています。薬剤の知識はもちろん、病気やリハビリなどへの広範な知識が必要になります。

◯調剤薬局

基本的には、仕事内容の項で紹介した業務がメインになります。その意味で一番薬剤師の基本に近い仕事内容と言えます。また、服薬指導もメインの仕事のひとつですので、分かりやすく薬のことを説明する能力、患者さんと円滑にコミュニケーションが取れることも必須の能力です。

◯ドラッグストア

ドラッグストアでは、調剤業務とOTC薬と呼ばれるいわゆる市販薬の販売がメインになります。病院や調剤薬局と比較すると、薬に関する専門的な知識が必要というよりも市販薬やサプリメント、健康補助食品などの関する幅広い知識が必要です。また、販売業ですのでコミュニケーション能力、お客さんを不快にさせない接客能力も必要な能力です。

さらに、上記のような施設以外にも薬剤師には多彩な活躍のフィールドが用意されています。例を挙げると薬剤師の資格と薬の知識を生かして製薬メーカーでMRとして働く道や、薬剤師として創薬研究に携わるという道も考えられます。

薬剤師には非常に多くの選択肢がある半面、自分に一番最適な道を選ぶことが難しいという側面もあります。卒業間際になって焦って進路を決めるのではなく、大学入学後できるだけ早い段階で自分に合った目標を定め、必要な能力を学生の間に身につけるというのが理想的です。

また、女性の場合結婚や出産で一度退職し、薬剤師として再就職する方も多いです。 アルバイト・パートなどでの求人も多く、ライフスタイルに合わせた働き方もできますね。国家資格ということもあり、時給も高く長く働き続けられる職業といえるでしょう。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索