アウトセールスの仕事

仕事内容

アウトセールスとは、わかりやすく言うと旅行の企画や旅行商品をセールスする仕事です。旅行会社でセールスと聞くと多くの人が、旅行会社でのカウンター窓口でのセールスを思い浮かべるのではないでしょうか。

アウトセールスマンは、さまざまなニーズにあった旅行商品を企画点開発し、客先に出向き旅行プランを売り込みます。旅行業界のセールスマンの中では、一般的なセールスマンにイメージが一番近いのがアウトセールスです。

アウトセールスマンが営業をかけるのは、主に団体旅行を考えている各種団体に対してです。例えば、社員旅行、町内会の旅行、修学旅行などがそれにあたります。旅行会社の売り上げの多くは、この団体旅行が担っているため、旅行会社の中でも動く金額が多い花形の職業のひとつともいえます。

旅行は、ただでさえ突発的なトラブルなどが起きやすい状況ですが、個人旅行ではなく大人数の団体旅行ではその比率はより高くなります。そのため、無理のない日程を組むための配慮や想像力、的確なマネジメント能力、さらに少しでも安い金額を相手方に提示するために宿泊施設や飲食施設への交渉力といった能力が必要になります。もちろん、さまざまなニーズに対応するための企画力が必要なことはいうまでもありません。

資格について

旅行会社でアウトセールスの仕事に就くために必須の資格はありません。しかし、アウトセールスへの就職や転職、昇進に有利な資格は複数あります。その中でも代表的な資格は以下のふたつです。

◯総合旅行業務取扱管理者

◯国内旅行業務取扱管理者

上記のふたつの資格の違いは、「総合旅行業務取扱管理者」は国内旅行でも海外旅行でも旅行商品を企画したり、日程を組んだりすることができます。対して、「国内旅行業務取扱管理者」は文字通り、国内旅行のみに対して旅行商品の企画や日程編成をすることができる仕事です。

どちらの資格を取得するのかは、どのような旅行に携わりたいかによって変わってきますが、難易度が比較的容易な 「国内旅行業務取扱管理者」から取得して、必要に応じて「総合旅行業務取扱管理者」を取得するというのが一般的な流れです。加えて、「国内旅行業務取扱管理者」は、受験者の約半数が旅行業界を目指す学生という特性の資格です。こうした点からも旅行業界を目指す人がまず最初に取得を目指すべき資格は「国内旅行業務取扱管理者」ということができます。

また、この2つの資格の他にも、「国内旅行地理検定」や「海外旅行地理検定」といった資格も旅行業界を目指すならば取得しておくと良いでしょう。

就職・転職活動

どの業界でも同じことですが、仕事で結果を残すことができる人を欲しい企業は数多くあります。特に、企画から立ち上げてセールスまでこなすことができる優秀な営業マンは「喉から手が出るほどほしい」という企業も多いのではないでしょうか。それは、旅行業界でも同じことです。優秀な成績を挙げた人は、他社からヘッドハンティングをされたり、自分を信頼してくれる顧客を掴んで独立開業をするという人も珍しくありません。

旅行会社に就職をする上でも、キャリアアップを図る上でも最低限必要なものは、「資格について」の項でも取り上げた資格の有無です。なぜなら、大手の旅行会社や旅行代理店では、このような資格を取得しているかどうかによって厳しく昇進の規定が決まっている場合が多々あるからです。これから旅行会社に入りたい、キャリアアップを目指したいという人は、まずはこの記事で紹介している資格を取得することをおすすめします。

また、現段階では旅行業界の経験がないけれどアウトセールスという仕事に魅力を感じて「どうしても旅行会社でアウトセールスの仕事に就きたい」という人もいるのではないでしょうか。

そういった人は、資格を取得することと同時に、まずはどのような職種でも良いので旅行業界に飛び込んでみた方が良いでしょう。どの職種であれ、旅行業界や旅行に関しての基礎的知識を持っているのと持っていないのとでは、就職に有利かどうかは異なってきます。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索