保健師の仕事

仕事内容

医師や看護師、保健師など医療に携わる職業は数多くあります。医師や看護師は、どのような仕事をしているかをイメージしやすいのではないでしょうか。しかし、保健師がどのような仕事をしているかを知っている人は意外に少ないと思います。

ここでは、医療現場で重要な役割を果たしているのにも関わらず、一般的な知名度はあまり高くないと言える保健師の仕事について詳しく紹介していきたいと思います。

まず日本で保健師免許を取得するには、日本の保健師国家試験と看護師国家試験に合格しなければなりません。看護師国家試験受験資格認定を受けていない方は、保健師国家試験受験資格認定とあわせて看護師国家試験受験資格認定を申請する必要があります大前提として、保健師は看護師の免許を持っていないと働くことができないため、よく看護師の仕事と混同されます。しかし、この両者は考え方や仕事の進め方に大きな違いがあります。

看護師は「すでに病気やケガをしている人を治すため」を目標に働くのに対して、保健師は「健康な状態の人を病気にさせないための指導に重点を置く」という違いがあります。

看護師は主に病院やクリニックなどの医療機関を訪れる人の医療を補助する仕事です。対して保健師は、保健所や市町村、あるいは企業などに所属して、今は病気ではない人の生活習慣や食生活を指導して病気にさせないために働くという側面が強いです。

例えば、成人病検診や乳幼児健診、一歳半検診などを担当するのは保健師の仕事になってきます。また、定期的な訪問による高齢者の健康状態を把握したり、歩行が困難な高齢者や、一人で社会生活を営むことが困難と思われる独居している高齢者に対して、必要な医療や最適な医療・介護施設を紹介するのも保健師の大きな仕事のひとつです。

資格について

先にもお話したように、保健師の資格を得るには、まず看護師の資格を取得する必要があります。つまり、保健師として働くためには「看護師資格」に加えて「保健師資格」が必要になってくるというわけです。そこでここではまず、保健師の資格を得るために必須の看護師資格の要項を見ていきましょう。

【看護師試験】

受験資格

看護大学卒業、総合カリキュラム指定養成講座卒業、看護短大卒業、看護師学校・看護師養成所を卒業した者

試験科目

人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論、看護の統合と実践

合格率

例年90%前後

試験会場

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

保健師資格に必須の看護師資格の概要が分かったところで、次にこの項でお話している保健師資格の概要についてお話ししてきます。

【保健師試験】

受験資格

看護師国家試験に合格している者(外国の保健師免許を持っている者は厚生労働大臣の認定が必要)

試験科目

公衆衛生看護学、疫学、保険統計および保健医療福祉行政論

合格率

例年90%前後

試験会場

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

看護師試験と保健師試験を比べると分かるように、保健師試験に必要なのは、疾病や疫病を予防するための知識や各種統計を読み解く力、適切な医療アドバイスを行うための知識などです。保健師試験の知識を看護師試験の延長線上で大丈夫と考えている人は、学習領域が全く違いますので注意が必要です。

就職・転職活動

保健師は、看護師に比べると活躍するフィールドが多岐にわたります。看護師が働けるのが病院やクリニックなどの医療機関がほとんどなのに対して、保健師は保健所や市町村・都道府県などの行政機関、一般企業などでも働くことができます。

また、医療機関でも検診施設が備わっている総合病院などでも求人があります。もちろん、保健師は看護師資格を持っているので、看護師として働くことも可能です。そういった意味で、保健師は看護師よりもより幅広い選択肢の中から働く場所や環境を選ぶことができると言えるでしょう。

昨今、国が力を入れている施策のひとつに「予防医療による医療費の削減」があります。この予防医療には、検診や病気を予防する生活習慣指導や食生活指導が必須です。この時に重要な役割を果たすのが保健師です。

加えて、高齢化社会の訪れとともに高齢者介護施設などで保健師の需要がこれまでより高まっています。多くの高齢者介護施設では、医療設備を持ち合わせていません。つまり、いかに入所者を病気にさせないかが各施設に問われているわけです。その領域で大きな力を発揮するのが保健師の存在というわけです。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサードリンク