建築技術者の仕事

仕事内容

建築技術者の仕事内容は、住宅やマンションと言った人々が住むところや学校や病院、図書館などの公共施設をはじめ、ありとあらゆる建物のデザインや工事の進捗管理をすることです。

建物を建築する人と言うと、大工さんや左官職人などの現場仕事の人をイメージする人も多いかと思います。しかし、建築技術者は現場仕事の人というより「どのような建物をどのような期間で作るか」をプランニングする仕事で、現場作業員や職人さんたちをまとめるのがその役割です。

建築技術者の仕事は、大きく分けると「設計」と「施工」に分けることができます。ここで、それぞれの仕事内容の詳細を見ていきましょう。

■設計

どのような建物を作るかを考える仕事です。施工主の希望を聞き、どのような構造の建物を建てるかの設計図を作ります。設計する内容は、建物の広さや間取り、外観など多岐に渡ります。基本的に施工主の意見をヒアリングして設計図に落とし込むことが必要ですが、名前の知れた建築技術者になると、ただ単に建物としての機能性の良さというよりは建築者の個性を生かしたデザイン作りが要求される場合もあります。

■施工

設計された図面を元に工期を決定し、予算内・期日内に建物が出来上がるように現場作業の監督をする仕事です。必要な職人や作業員を手配してそれぞれの仕事の進捗状況を管理していきます。各現場で工事に遅れがないか、設計図通りに建物が出来上がっているかなどをチェックするのが主な任務です。さまざまな立場の人を束ねる仕事だけに、他人を思いやる力、指示を的確に伝えたり現場の意見を聞くと言ったコミュニケーション能力が求められます。

資格について

建築現場で建築技術者として設計や施工をするためには建築士という資格が必要です。建築士には、一級、二級、木造の3種類あり、それぞれに建築や設計を出来る建築物の大きさや構造が決まっています。

もっとも難しいのは1級建築士で学校や病院、商業施設などの大規模建築物(延べ面積が500m2を超えるもの)や鉄筋コンクリート造の建築物の設計、施工管理ができます。

二級建築士は木造の住宅や延べ面積が500m2を超えない範囲での建築物の設計や施工管理をすることができます。

木造建築士は、その名の通り、木造建築物のみを建築・施工管理ができる資格です。ただし、延べ面積が100m2を超える建築物を新築する場合は、一級建築士か二級建築士の資格が必要になります。

それぞれの資格試験は、誰でも受けることができるという試験ではありません。学歴や実務経験によって受験資格が異なってきます。ここで、それぞれの建築士試験の受験資格をまとめて見ておきましょう。

【受験資格】

■一級建築士

建築に関する学歴または資格等(実務経験)

大学において指定科目を修めて卒業した者(卒業後2年以上)

3年制短期大学において指定科目を修めて卒業した者(卒業後3年以上)

2年制短期大学において指定科目を修めて卒業した者(卒業後4年以上)

二級建築士(二級建築士として4年以上)

建築整備士(建築整備士として4年以上)

国土交通大臣が特に認める者(所定の年数以上)

■二級建築士・木造建築士

建築に関する学歴または資格等(実務経験)

大学・高専において指定科目を修めて卒業した者(特に必要なし)

高校・中等教育学校において指定科目を修めて卒業した者(卒業後3年以上)

建築整備士(特に必要なし)

都道府県知事が特に認める者(所定の年数以上)

建築に関する学歴なし( 7年以上)

※各資格の受験資格は公益財団法人 建築技術教育普及センターホームページから引用

就職・転職活動

建築士として就職してキャリアアップを図るには、大学などで建築に関連する学部で学んだ後、建築事務所や建設会社、ハウスメーカーなどに就職して経験や実績を積みながら上級試験にパスするというルートが一般的です。

建築業界を取り巻く環境として、現在の状況は決して楽観できる状況ではありません。長引く不況や少子高齢化、都会と地方の人工の二極化により、一戸建ての需要が長らく低迷しています。一戸建て住宅専門の建築士になりたいという人は、他の人にはない自分独自の発想やデザイン、営業能力が求められる時代になっています。ひと昔前のように特に強みがなくても注文が入ってくるという時代ではないということを頭に入れておく必要があります。

とはいえ、一戸建て住宅の需要が低迷している反面、都心を中心にタワーマンションや地方でも大型のショッピングセンターなどが次々と建てられているという事実もあります。建築業界全体のパイが急速に小さくなっているというわけではありませんので、建築技術者にはこれまで以上にバランス良く仕事を引き受けるということ、苦手な分野を作らないということなどの戦略性が求められているということが言えるでしょう。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索