ゲームプランナーの仕事

仕事内容

ゲーム好きな人の憧れの職業のひとつに「ゲームプランナー」という職業があります。みなさんの中にも言葉は聞いたことがあって、何となく「ゲームに関わる仕事」とイメージしている人も多いのではないでしょうか。

1本のゲームを作るには、「ゲームプログラマー」や「ゲームデザイナー」、「ゲームディレクター」、「ゲームプロデューサー」など数多くの職種が関わってきます。この中で、「ゲームプランナー」の役割はどのようなものなのでしょうか。主な業務内容を見ていきましょう。

■市場調査

ゲームプランナーの仕事は、文字通り「ゲームをプラン(企画)すること」です。

しかし、ただ単にゲームを企画すれば良いというものではありません。綿密に市場を分析し、今の時期ならどういったテイストのどのようなゲームがヒットするかを分析するとことから仕事はスタートします。

■企画立案・社内プレゼン

市場調査を分析して、ゲームの企画を立て、企画書を制作します。会社の了解がなければゲームのリリースどころか必要な予算や人員を配置してもらえませんので、社内プレゼンも重要な仕事です。説得力を持つプレゼン力、斬新な企画力が問われます。

■仕様書の作成

社内プレゼンを通過し、実際の制作の現場に移ってもゲームプランナーの仕事は続きます。まずは仕様書を作成し、プログマーやデザイナーに作業のおおまかな指示を出します。

■ゲーム制作現場の指揮

 

制作進行中にはデザインやプログラミングが正しいか、企画したゲームの世界観が損なわれていないか、仕様書に沿って進行が進められているかなどありとあらゆることをチェックして、必要であれば修正の指示を出します。

■改善点の分析

ゲームが無事リリースされた後もゲームプランナーの仕事は終わりません。売れ行きや反響を調査し、改善点を分析します。アプリゲームやオンラインゲームであれば、改善点は次回のアップデートで対応するなどの必要があります。また、次のゲームを作る際にも重要な資料になりますので、ゲームプランナーにとって改善点の分析は重要な業務です。

資格について

ゲームプランナーとして働くために、あるいはゲームプランナーとして採用されるために必須の資格はありません。何の資格もなくても働けますし、高卒で就職してヒット作を飛ばしているゲームプランナーも多数存在します。学齢や資格より能力やポテンシャル、ゲームが好きという熱意が評価される業界です。

ただし、業務を進める上で有利になったり円滑に業務が進められる資格もあります。それは、以下のの4つの分野の資格です。

■英語に関する資格

■マイクロソフトオフィスに関する資格

■プログラミングに関する資格

■デザインに関する資格

これらは資格自体というよりは、資格取得の勉強を通して得られる知識が重要です。

 

ゲームの業界もグローバル化しており、英語でスタッフとコミュニケーションを取れたり、文書のやり取りをできるようになれば活躍の舞台が広がります。

また、企画書や仕様書の多くはマイクロソフトオフィスを使って作成されますので、マイクロソフトオフィスの知識があった方が業務を円滑に進めることができます。

 

加えて、デザイナーやプログラマーと仕事をするため、必要最低限のデザインやプログラミングの知識を備えておくとより深くスタッフとコミュニケーションを取ることができます。

こういった専門知識をつけるためにも、勉強して資格取得にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

就職・転職活動

スマートフォンアプリの登場によって、従来のゲーム会社以外にもゲーム制作に乗り出していて、能力の高いゲームプランナーの需要はこれまで以上に高まっています。

先にもお話ししたように、ゲーム業界は他の業界と比べると学歴や資格より、能力やポテンシャルを重視する業界です。ゲームプランナーを目指す人は、まずはどのような形でもゲーム業界に入ってしまうことのも良いでしょう。

最近のゲーム会社は社内研修制度がしっかりしている会社も増えていて、必要な知識は会社に入ってからでも十分身につけることができます。実際、未経験という人でもゲーム会社で活躍している人は数多くいます。

また、ゲームアプリコンテストなどで上位に進出すると大手のゲーム会社からスカウトされる例も最近では増えています。自信のある方は狙ってみてはいかがでしょうか。



ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート