トリマーの仕事

仕事内容

動物好きな人やペット好きな人に人気の職業に「トリマー」という仕事があります。トリマーの仕事内容を一言で言うなら「動物の美容師」です。

トリマーの一番大きな役割は、ペットの毛を整えることです。これをトリミングと言います。

犬や猫などのペットは、人間と同様に定期的に毛を整えることで、見た目の美しさを保つことができ、清潔に暮らすことができます。適切な時期にトリミングしないと、雑菌に触れる機会が増え、結果的に感染症やさまざまな病気にかかるリスクが高まってしまいます。

人間は毎日お風呂に入りますが、ペットはそうでないことが一般的でしょう。その意味で言えば、ペットは人間以上にトリミングによって清潔に毛を保つことが重要と言えます。

また、最近ではただ単にカットすれば良いというわけではなく、高いデザイン性を求められるケースが増えています。飼い主の中にはペットの毛の長さやスタイルに強いこだわりをもっている人もいます。そういった人を満足させるためのカット技術、デザイン力も求められる傾向にあります。

さらに、トリミングのほかに、飼い主に対して爪の切り方や毛の洗い方、ブラッシングの方法などをレクチャーすることもトリマーの重要な仕事のひとつです。トリミングを含め、いずれの業務もペットの飼い主と密にコミュニケーションを取ることが必要なため、相応のコミュニケーション能力も求められます。

資格について

トリマーとして働くために必ず必要な資格はありません。獣医などと違って、トリマーの資格を持っていない人でも動物病院やトリミングサロンで働くことはできます。

しかし、トリミングには必須の知識や身に付けなければならない技術も数多くありますので、トリマーの資格を取得しておくのにこしたことはありません。

加えて、資格を取得しておいた方が就職や転職にも有利ですので、できれば資格を取得することをおすすめします。

トリマーの資格は数多くありますが、代表的な資格は以下のものになります。

・JKC公認「トリマーライセンス」

・NPO法人「日本動物衛生看護師協会認定資格」

・日本能力開発推進協会認定「トリマーペットスタイリスト資格」

JKC公認「トリマーライセンス」は、一般社団法人「ジャパンケネルクラブ」が認定する資格です。義技術と経験、知識の程度によって「C級」「B級」「A級」「教士」「師範」の5種類の資格に分かれています。

NPO法人日本動物衛生看護師協会認定資格は、動物別や分野別に細かく認定資格が分かれています。一例を挙げると「アニマル・ヘルス・テクニシャン(動物衛生看護師)」、「ドッグ・グルーミング・スペシャリスト(犬の美容師)」、「キャット・グルーミング・スペシャリスト(猫の美容師)」などがあります。自分の希望や適性を考慮して、必要な資格を取得しましょう。

日本能力開発推進協会認定「トリマーペットスタイリスト資格」は、一般社団法人「日本能力開発推進協会」の認定資格です。

犬の健康の基礎知識、緊急時の対処法、食事療法、グルーミングといった専門的な知識や専門的なトリミング技術を備えていることが要求されます。

就職・転職活動

根強いペットブームの中、トリマーを含めたペットビジネスの需要は高まり続けています。動物病院やペットショップ、ペットの食事などペットにまつわるビジネスは年々拡大しています。当然、トリマーの需要も高く、トリマーにはさまざまな活躍の舞台が用意されています。

一昔前までは一部のペットショップなどにしか就職口がなかったトリマーですが、現在では多くのペットショップはもちろん、動物病院、ペット専用トリミングサロンなどペットにまつわるさまざまな場所でトリマーを求めています。

また、資格を取得して経験を積んだトリマーの中にはトリミング講師として独立するケースもあります。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート