化粧品・トイレタリーなどの開発の仕事

仕事内容

最近は、大学や大学院で理系を専攻する女性も多く、理系専攻の女性を指す「リケジョ」という言葉も一般的になってきました。そのリケジョに人気の職業のひとつが、化粧品やボディケア商品、スキンケア商品といったトイレタリー商品の開発職です。

化粧品やトイレタリー商品の開発は以下のように、大きく2種類の仕事に分けることができます。

商品開発

マーケティングや情報収集から得られた顧客ニーズに合わせて、新商品を開発します。具体的には、化粧品に配合する成分の選定、素材や原料の選定、試作品の作成、試作品の検査・分析、安全性試験の実施などがメイン業務になります。また、商品コンセプトの設定、社内プレゼンテーション、実際に生産をする部署との折衝なども商品開発の仕事のひとつです。

技術開発

顧客のニーズはもとより社会のニーズに応える商品や製法を開発するのが技術開発です。従来の常識をくつがえすような画期的な商品や製法を生み出せば、会社にとって莫大な利益を生むことはもちろん、消費者も大きなメリットを享受することができます。

商品が製品として完成した後も開発の仕事は続きます。せっかく画期的な商品を開発したとしてもその商品が消費者の手に届かなければ意味がありません。商品発表会を開催するかどうか、開催するならどのような内容にするか、販売方法の決定、広告はどのような広告を打つかなど販売戦略を広告担当の部署とともに考えることも重要な仕事です。

資格について

化粧品やトイレタリー商品の開発職として働くために必須の職業はありません。化粧品メーカーなりトイレタリーメーカーなりに採用されて、開発部門に配属されれば開発職として働くことができます。

とはいえ、人気職業であり、なおかつ専門知識が要求される職種でもあるため、開発職に関わる何らかの資格を持っていると就職や転職に有利に働きます。

また、薬品を多く使うことから、薬剤師資格を持っている人や薬学部で学んだ人も就職や転職に有利になります。薬剤師資格を持っていない人や薬学部で学んだ経験のない人は、以下のような資格を取得することをおすすめします。試験概要とともに紹介します。

○危険物取扱乙種4類○

■試験日時、試験会場

都道府県によって異なる。詳細は一般財団法人「消防試験研究センター」ホームページに記載

■願書や受験案内の入手方場所

一般財団法人「消防試験研究センター」の各都道府県支部など

■受験申請方法

書面申請、電子申請

■受験資格

特になし

■試験科目

危険物に関する法令、基礎的な物理学及び基礎的な化学、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

■試験方法

五肢択一式

■試験手数料

3,400円

■合格基準

60%以上の正答率

○毒物劇物取扱責任者○

■試験日時、試験会場

各都道府県によって異なる。詳細は各都道府県のホームページに記載

■受験資格

特になし

■試験科目

毒物及び劇物に関する法規、基礎化学、毒物及び劇物の性質及び貯蔵その他取扱方法、毒物及び劇物の識別及び取扱方法

■試験方法

マークシート方式

■試験手数料

10,500円

就職・転職活動

リーマンショック以降、低迷していた化粧品・トイレタリー業界もここ最近は、販売数、売上高ともに回復傾向にあります。これは、外国人観光客による消費が増えたり、外国への輸出が増えたことが背景にあると考えられています。

また、市場の回復、拡大とともに各メーカーは新規商品や新しい製法の開発に力を注いでいます。開発部の拡大、開発部員の人員増など開発部で働くチャンスは一時期よりも大きくなっています。

さらに、従来の化粧品メーカー、トイレタリーメーカー以外にも医薬品メーカーや化学品メーカーも化粧品・トイレタリー業界に続々と参入しています。化粧品やトイレタリー商品の開発職を目指している人は、視野を広く持って他業界からも就職先を探してみると良いでしょう。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサードリンク