管理栄養士の仕事

仕事内容

管理栄養士は、一言で言うと「食事と栄養のスペシャリスト」で、食事指導や献立作成がメインの業務になります。似たような職業に栄養士がありますが、管理栄養士と栄養士の違いはどこにあるのでしょうか。以下に管理栄養士と栄養士の仕事内容、領域の違いをまとめました。

栄養士

ケガや病気の療養といった特別な目的がない、一般的な食事指導や献立作成を行います。また、集団給食の献立作成や栄養管理、調理方法の改善なども業務の一貫です。ダイエットや生活習慣病予防のための食事指導、栄養指導なども行います。

管理栄養士

ケガや病気の療養を目的とした、各個人へのより専門的な食事指導や献立の作成を行います。集団給食においては、食材などの管理業務やスタッフの労務管理も行います。また、介護施設や病院などでは管理栄養士を設置することが義務付けられています。

上記のように、栄養士は健常な人の食事指導、献立作成に業務の領域が限られるのに対して、管理栄養士はケガや病気を負った人のために、個人個人に合わせた食事指導や献立作成ができます。栄養士の仕事内容をより専門的で高度なものにしたのが管理栄養士という見方もできます。

資格について

管理栄養士として働くためには、管理栄養士試験に合格して厚生労働省が認定する管理栄養士資格を取得する必要があります。

なお、管理栄養士試験は、誰でも受けられるという試験ではありません。管理栄養士試験を受けるには、栄養士の資格に加えて、管理栄養士養成施設卒業もしくは相応の実務経験が必要です。

以下から、管理栄養士試験の概要を見ていきましょう。

試験会場

・北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県、沖縄県

試験期日

・例年3月上旬

試験科目

・社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経 営管理論

主な受験資格

1.修業年限が2年の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、厚生労働省指定の施設 で3年以上栄養の指導に従事

2.修業年限が3年の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、厚生労働省指定の施設で2年以上栄養の指導に従事

3.修業年限が4年の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、厚生労働省指定の施設で1年以上栄養の指導に従事

合格発表期日

・例年3月下旬

合格率

・40~50%前後※2017年実施の試験の合格率は54.6%

就職・転職活動

高齢化社会の到来とともに、管理栄養士の需要が高まり、高齢化社会が進み続けている昨今では管理栄養士の需要はさらに高まっています。今後も高齢化社会はさらに進むと考えられていて、それにともなって管理栄養士が必要とする施設はより増えていくと予想されています。

また、以前であれば管理栄養士の仕事場は病院や高齢者介護施設などに限られていましたが、最近では下記のように活躍のフィールドが多岐にわたっています。

・保育園

・学校

・保健センター

・企業の社員食堂

・スポーツ施設

・プロスポーツチーム

・食品メーカー

・フードコーディネーター

上記はあくまで一例ですが、このように管理栄養士が求められる職場は、従来より広がっています。また、この流れはさらに加速していくと考えられています。食事や栄養の重要性が声高に叫ばれる中、管理栄養士の価値はこれからさらに高まっていくでしょう。

その半面、どの職場が自分に合っているかをしっかりと考えることがこれからさらに重要になってきます。同じ管理栄養士の資格を持っていても、どの職場でどのような仕事をするかで年収面で大きく差が開いているのが実状です。

これから管理栄養士を目指す人は、どの分野で管理栄養士の資格を生かして働きたいのか、どのような管理栄養士になりたいのかを事前によく考えておきましょう。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索