航空整備士の仕事

仕事内容

航空整備士は飛行機やヘリコプターなどの航空機の整備を行う、いわば「航空機のドクター」とも言える空の安全を守るプロフェッショナルです。

航空機は、何万種類もの部品が複雑に組み合わさって形作られていますので、取扱う業務内容も多岐に渡ります。航空機の整備・点検・修理が主な業務になりますが、業務の内容によって以下の3種類に分けることができます。

ライン整備

到着機や出発機の点検が主な業務です。空港内にある航空機駐機場で点検作業を行います。ここで不具合が見つかった航空機は、航空整備士のGOサインが出なければ出発することができません。また、決められたフライトスケジュール通りに航空機を飛ばすためには、スピード感のある整備を行う必要があります。当然ですが、正確性や確実性のある点検は何よりも重視されます。

ドック整備

ライン整備と比べると大掛かりで時間をかけて行うのが、ドック整備です。航空機を格納庫に入れて、機体のすみずみまで点検を行います。規定の飛行回数や飛行距離に応じて、定期的に行われる整備です。この際、目視、叩いて音を聞くといった通常の点検方法に加えて、X線を用いて故障箇所がないかも調べます。もし不具合が見つかった場合は、修理や部品交換を行う必要があるため、点検技術だけではなく高い修理技術も求められます。

ショップ整備

コンピューターなどの電気系統、航空機の心臓とも言えるエンジン周りの点検がお主な業務です。通常の点検と比べてもより高度な電気系、エンジン系の専門知識が要求されます。

上記のすべての業務に共通することですが、航空整備に万に一つもミスは許されません。一つのミスが多くの人の命を奪うことにつながります。それだけに、どの作業にも高い集中力と責任感、正確な技術が求められます。

資格について

航空整備士として働くためには、国土交通省が実施する航空整備士試験に合格し、航空整備士資格を取得する必要があります。航空整備士資格は、取扱う機体の種類によって以下のように異なります。

大型機(ジャンボ機など)

・一等航空整備士、一等航空運搬整備士

中小型機(セスナ機、ヘリコプターなど)

・二等航空整備士、二等航空運搬整備士

なお、航空整備士と航空運搬整備士の違いは、整備業務を行える範囲の違いです、航空整備士は、機体全般の整備業務に携われるのに対して、航空運搬整備士はホイール、ブレーキ、無線電話の交換などまでが業務範囲になります。

また、上記の国家試験とは別に、航空整備会社では独自の資格制度を設けていて、それに合格しないと業務にあたれないという制度を取っているのが一般的です。一例を挙げればJAL(日本航空)の航空機の整備を請け負う、「JALエンジニアリング」では、社内で規定している初級整備士、2級整備士、1級整備士の資格を国家資格とは別に取得しなければなりません。

加えて、扱う機種ごとにも異なる資格を取得する必要もあります。これは、機体ごとに構造や特徴が異なり、求められる専門知識や技術がぞれぞれ異なることからです。もちろん、新しい機体が発表されればそれに合った資格を取得しなければなりません。

このように、国家資格を取得してからも常に勉強をして資格を取得することが求められます。逆に言えば、多くの資格を取得すればするほど、自分の活躍の場を増やすことができるというわけです。

就職・転職活動

航空整備士の就職先としては、航空整備会社が一番多くなっています。JALやANA(全日空)が提携している航空整備会社に勤め、全国各地の空港で働きます。シフト制の2交代勤務制度を取っている航空整備会社が一般的です。

・航空整備会社のほかの選択肢としては、以下のような就職先もあります。

・航空機使用事業者(セスナ機やヘリコプターサービスを提供している事業者)

・航空機メーカー

・警察

・消防

・航空自衛隊

・海上保安庁

上記のように日常的に航空機やヘリコプターを使っている企業や官公庁では航空整備士として働くことができます。

また、キャリアアップの方法としては、数多くの資格を取得して外資航空会社などにヘッドハンティングされるケース、JALやANAなどの航空会社の技術部門に採用されて技術系の管理職を目指す道などが考えられます。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサード検索