求められる英語力

企業が求める英語力とは?

TOEIC公式ページ(http://square.toeic.or.jp/job/company/n1.html)にも記載がありますが、人事部のインタビューを見ると新卒に求める英語力はTOEIC650点〜750点程度であることがわかります。

日本の多くの企業がTOEICスコアを参考として取り入れている現状を考えると、就職活動時に最低この程度のスコアは獲得しておきたいものです。

留学・ワーキングホリデー経験者に求められる英語力

TOEIC650点〜750点と言うのは、あくまでも新卒者に求める英語力です。

もし、あなたが転職組や新卒だとしても1年間の休学で留学・ワーキングホリデー経験者だとしたら、より上のレベルを目指さないと企業からすれば

「1年間海外にいてその程度の英語力?」
「新卒じゃないんだから、もう少し上のスコアじゃないと採用は厳しい・・・」

と判断されてしまうのも当然ではないでしょうか?

多くの企業の場合、国際業務・国際分野ですとTOEIC800点以上が採用基準の目安になりますが、是非、留学・ワーキングホリデー経験組は、このTOEIC800点を最低レベルの目標として英語学習に取り組んで頂きたいと思います。

もちろん最低基準で競っていても仕方ないので、出来ればTOEIC850点。これを海外留学・ワーキングホリデー1年間で達成したいものですね。

TOEIC850点+コミュニケーションで使える英語力を身につけて就職活動に臨めば、大きなアドバンテージになることは間違いありません。

今、多くの企業で入社後も昇進やポジション選択の基準としてTOEICを取り入れていますし、「TOEIC750点を取るまで減給10%!」のような厳しい縛りも企業によってはあります。

スコアは入社前に取っておくと採用時だけではなく、入社後も楽になります。 ソフトバンクのように、TOEIC900点達成者には100万円の報奨金が出るような企業があることからも、TOEICの重要性と英語力の需要がわかると思います。

近年ではインバウンド(inbound)の影響や東京オリンピックに向けての動きから、一般的なサービス業(飲食・旅行・旅館など)でも英語力が求められるようになっています。「正社員よりも英語の出来る大学生アルバイトの方がよほど戦力になる」という声も飲食店オーナー達から漏れ聞こえてくる状況なのです。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中


フィリピン就職するなら

留学ドットコムのフィリピン就職サポート

スポンサードリンク