TOEICについて

1年間海外生活するだけでは英語は全く伸びない現実

10年以上オーストラリアに滞在しているにも関わらず、未だに片言の英語しか話せない友人がいるのですが、こういう方は決して珍しくありません。10年以上滞在してその有様ですから、たった1年ではどうか、推して知るべし、です。

オーストラリアに限らず、アメリカ・イギリス・カナダ・ニュージーランド、どの英語圏の国に行ってもいまや日本人は多く暮らしておりコミュニティを形成しています。つまり海外でも日本語だけで過ごそうと思えば、過ごせてしまいます。(事実、日本人同士でシェアしているパターンは非常に多いのです。)

TOEIC850点獲得に必要な勉強時間を記しましたが、英語を学ぶ意識と努力、能動的に英語環境を作っていく行動力がないと、海外の空気を吸うだけで英語力が伸びるという事は絶対にありません。

TOEIC850点に到達する為に必要な時間

大学生の平均であるTOEIC450点レベルから850点へと400点アップを目指そうと思うと、一体どの程度の時間がかかるのでしょうか?
現時点での英語力や現地の語学学校への通学期間、自習時間や日々の過ごし方、個々の能力にもよりますが、大体2,000時間程度の勉強が必要と言われています。

2,000時間を1年間365日で割ると、約5.48時間。つまり、1日も休む事なく1日最低6時間の勉強が必要と言うことになります。
(現時点で450点のスコアすらない・・・・という方でしたら、もっと努力が必要になるということです。)

「海外へ行くだけでは英語は伸びない」

この事実を心に留めておくだけでも、危機感を持つことによる意識の変化、それによる現地での過ごし方が変わると思います。それはつまりご自身の英語力の成長に直結しますし、帰国後の就職活動にも大きく影響するはずです。

ピックアップおすすめ記事

人気記事ランキング

お仕事辞典記事一覧 〉

Facebookで情報配信中